4人家族の保険料と保障内容を全公開!

【電力自由化】Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約♪

電力自由化 Looopでんき

 

数年前から話題の「電力自由化」を、あなたは利用していますか?

わが家は賃貸ですが、昨年やっと一歩踏みだし電気代の削減をすることができました。

 

電力会社を自由に選べるのは、持ち家だけだと思っていませんか?

こはる
こはる
わたし、実はそう思っていました

賃貸だからできないと決めつけて調べることもしていなかったんです。

 

さらに、今まで都市電力(関電や東電など)が当たりまえだったので「電力自由化」と聞くだけで、難しそうなイメージを勝手につくっていました。

 

実際に電力会社をかえて1年経過した料金を比べてみると、年間の差は1万円!

ただ電力会社をかえただけで、1万円も節約になりました。

 

この記事では、わが家が利用している「Looopでんき」の特徴と、電力自由化についてまとめています。

本当にやすくなるのかな・・・気になるけど不安!

と、迷っている方はぜひお読みください。

\ 料金の詳細をみてみる /

この記事でわかること
  • 電力自由化について
  • Looop(ループ)でんきの特徴
  • 電力自由化前後の料金
  • どんな電力会社がいいか選べきれない人におすすめのサイト

比較サイト【電気チョイス】なら
\ 3万円のキャッシュバックも /

電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

スポンサーリンク

電力自由化前後の料金比較

電力自由化 節約

わが家の電気使用量だと、Looopでんきに切り替えただけで年間(11カ月)で9,709円もの節約ができました。

これは、以前契約していた関電をそのまま使っていたら・・・という計算がされています。

Looopでんきのマイページで見ることができますよ。

過去の電気代(関西電力)

わが家の過去の電気代は、当時3人暮らしで月平均9,080円。

契約は一般的な『従量電灯A』でした。

つかった電気の量におうじて、単価が高くなります。

従量電灯A使用量単価
最低料金15kWhまで1契約334.82円
第一段階15kWh超~120kWhまで1kWh19.95円
第二段階120kWh超~300kWhまで1kWh25.33円
第三段階300kWh超1kWh28.76円

そのほかの電気契約・電力会社で、単価がことなるので契約会社のHPをごらんくださいね。

大手電力会社一覧

北海道電力東北電力中部電力東京電力
関西電力中国電力四国電力北陸電力沖縄電力

 

関電をつかっていた当時の利用料金はこのとおりです。

関西電力 電気代
※2016年12月はわたしが里帰り中

関電 電気代

当時の電気使用は

  • エアコン6畳寝室のみ
  • リビングはヒーター
  • お風呂は追い炊きなどなし

あまり利用していないわりに高かった記憶があります。

直近の電気料金(Looopでんき)

昨年、Looopでんきに切り替えてからの料金一覧です。

Looopでんき 請求額Looopでんき 請求額

注目してほしいのは、関電とちかい電力数の金額です。

1番使用した【552kWh】で13,645円に対して、関電契約時は【523kWh】で14,557円!

電気をつかわない日はありません。

これがつもりに積もれば、かなり大きな金額になります。

 

ですが、Looopでんきは誰もが安くなるわけではありません。

1番使用しなかった【215kWh】で5,322円なら、関電契約時は【218kWh】5,361円。

1kWh22円のLooopでんきだと、関電の方が安くなるんです( ;∀;)

これについては「Looopでんきの特徴」の項目でくわしく説明しますね。
※先に読みたい方は、上のタイトルをクリックすると項目へジャンプします

\まずは無料シミュレーションしよう/
公式サイトを見る ➡

電力自由化の仕組み

電力自由化をざっくり言うと、自分に合った電気会社を選べることです(*^^*)

大手の電力会社(関電など)が独占していた電気。

 

それをいろんな会社が販売できると

  • 会社同士で安くする競争がおこなわれる
  • 独自のサービスがはじまる
  • ポイント還元がはじまる

供給会社が「うちの会社で契約してほしい!」と思うことで、電気を購入するわたしたちにメリットがうまれます。

独占できるなら、こういった各社の競争はありませんよね。

 

格安スマホの安くなる仕組みが分かる方は、その電気バージョンだと考えてください。

年間10万円も節約できた!格安スマホの仕組みを分かりやすく徹底解説節約の要は『固定費の削減』とも言われています。 ちょっと手間がかかることもありますが、1度変更すればその後ずっと家計の負担が減ります。...

電力自由化がはじまるまで

今ままでは、関西に住んでいるわたしは『関西電力』としか契約できませんでした。

鹿児島にすんでいた時は『九州電力』です。

岐阜にすんでいた時は『中部電力』・・・と、家のある地域の電力会社から電気を供給されていました。

つまり、大手電力会社の1人勝ち状態だったんです。

特にメリットや特典がなくても、単価が高かったとしても、電気を使う限り必ず契約しなくちゃいけないものでした。

電力自由化がはじまってから

2016年4月に法律が改正されて、地域の電力会社にしばられることなく一般家庭も「自由に電気会社を選べる」ようになりました。

2年たった今では、100社以上の電気小売会社があります。

このなかから、電気の単価が下がったり、会社ごとに特典があったりと自分にとってメリットのある会社を選択できます。

となれば・・・大手電力会社も今までにないメリットやプランを提案しはじめますね。

停電やトラブル時はどうなるか

契約会社をかえることによって

  • 停電しやすいのでは?
  • トラブル時の対応が大変なのでは?

こんな不安があるかと思います。

契約会社がかわっても送電線(電気がおくられてくる元)は今までと変わりません。

停電・漏電などトラブルの場合は、地域の大手電力会社がになっているので安心してください。

\ 公式サイトをみてみる /

こはる
こはる
わが家は2018年9月の台風で大停電が起きましたが、関電・近電さんが駆けつけてくれました

Looopでんきの特徴

電力会社はLooopでんき以外にもたくさんあります。

わたしがここにしようと思った決め手は

  1. 基本料金がないこと
  2. 単価が一律でわかりやすい
  3. 解約料金がかからない

この3つです。

基本料金がないこと

Looopでんき 基本料金

Looopでんきには基本料金がなく、使用した電気量のみを支払います。

例えば

  • 旅行に行って家にほとんどいなかったとき
  • 電気の使用量が高いファミリー世帯
  • 契約アンペアが高い設定の店舗・事務所

など、よぶんな支出をおさえることができます。

単価が一律でわかりやすい

Looopでんき 単価

Looopでんきは大手電力会社でよくある「従量制(つかえば使うほど単価が高くなる)」ではありません。

  • 関電は1kWh、19.95~28.76円の変動
  • Looopでんきは1kWh、22円の固定

なので電気使用量が多い家庭ほど、恩恵を受けやすくなります。

その反面、あまり電気をつかわない家なら都市電力の方が安いんです。

 

地域によって単価に差はあるので一概に言えませんが、関電地域のわが家で検証すると・・・。

1年間つかった損得ライン

1か月の利用量を目安にしています。

  1. 120kWhを超えないなら、関電
  2. 240kwhを超えると、Looopでんきの恩恵がでてくる
  3. 300kWhを超えるなら、Looopでんき

これは参考までに、ぜひシミュレーションをしましょう(*^^*)

 

\ まずはシミュレーションする /

こはる
こはる
電気使用量のお知らせ(検針票)を用意してくださいね

供給開始まではLooopでんき任せ

そのほかの会社もですが、申込み・契約をすれば、いま使っている電力会社との切り替えをLooopでんきが全て行ってくれます。

 

契約しているものって、切り替えるために双方へ連絡するのがめんどうじゃないですか?

解約を申しでると引き止めがあったり、新たなプランを持ち出されたり気もつかう・・・。

その負担がないのは精神的に大きいメリットです。

取りつけ工事も、立ち合いもないので「〇日に在宅しておかなきゃ」ということもありません♪

解約のしばり・違約金なし

初めての電力会社切り替えは不安があるものです。

  • もし高かったらどうしよう
  • ライフラインの契約を変えるって心配
  • 引っ越し先はLooopでんきのメリットがなさそう

生活がかわった、料金に納得いかなかったという場合も違約金・手数料はかかりません。

 

\まずは無料シミュレーションしよう/
公式サイトを見る ➡

解約・問い合わせ先は「Looopでんき コンタクトセンター(0120-707-454)」へ。

ほかの電気小売業者への変更であれば、つぎの会社が手続きをするので契約者からの連絡は不要です。

実際のLooopでんきの請求書

Looopでんきの請求書・明細はウェブ上、またはアプリからチェックできます。

ウェブ上ならPDFファイルでこんな感じに。

Looopでんき 明細書

 

アプリでは請求額と電気使用量が一覧でわかります。

もちろん節約チェッカーで、前契約の電気会社だった場合はどうなっていたか・・・も見れますよ(*^^*)

Looopでんきアプリ
Looopでんきアプリ
開発元:株式会社Looop
無料
posted withアプリーチ

Looopでんきのデメリット

わが家にとって嬉しいことづくめのLooopでんきですが、人によってはデメリットだと感じる部分もあります。

  1. 支払いがクレジットカードに限定されている
  2. 単価が一律になっている

この2点です。

支払いがクレジットカードに限定されている

Looopでんきは支払方法がクレジットカード決済のみです。

つかえるカードは以下5種類。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • DinersClub
  • JCBカード

ご家族のカードも大丈夫です(*^^*)

家族のだれもがクレジットカードを持っていない場合、Looopでんきには申し込めません。

単価が一律になっている

もともと電気の使用量がすくない家庭なら、Looopでんきにしない方がいいです。

大手電力会社の従量制の方が安かったり、ほかの電気小売会社なら家庭に合った特典があるかもしれません。

単価が一律のため、春や秋など電気使用量がすくないときには切替前のほうが安くなるときもあります。

1年をとおして平均的に、電気使用量の多いかたがLooopでんきで節約効果があらわれます。

比較サイト【電気チョイス】なら
\ 家庭にあったプランを無料提案 /

こはる
こはる
ほかの電力会社も気になるな~という方は比較サイトがおすすめです
-スポンサーリンク-

まとめ

今まで電気は決まっていた会社しか使わなかったので「電力自由化」ときくと、たいそうなものに感じるかもしれません。

でも実際は

  1. シミュレーションをして
  2. 見積もりに納得すれば申し込んで
  3. 電気供給(切替)を待つだけ

たったこの3ステップなんです。

特にLooopでんきは解約の期間しばりや違約金がないので、気軽に切り替えることができます。

\申込はカンタン!5分で完了/

実は、大人5人の実家も同じころにLooopでんきへ切り替えました。

この1年の結果は・・・1年1カ月で27,209円も節約できていましたよ(*^^*)

電気代が安くなった

 

特に節電を意識したわけでもなく「電力会社をかえただけ」です。

これがあと何年もつづくと考えたら、できるならやってみないと損だと思いませんか?

\まずは無料シミュレーションしよう/
公式サイトを見る ➡

 

プロパンガスを使っている方!
ガス会社も自由化されていますよ!

プロパンガス会社を比較しよう
\ 【ガスチョイス】

ガス料金プランを比較してガス代を今よりお安く!【ガスチョイス】

固定費の節約一覧

固定費など大きな金額をおさえることができる節約方法です。手をつけていない方は優先的にチャレンジしてみて下さいね。

  1. 格安スマホへ乗り換え
    詳細「1年間、格安スマホを使ったら10万円も節約できた
  2. プロバイダーの変更
    詳細「通信費は節約できる時代!ポケットWi-Fiを2年使った感想
  3. 電力会社の切り替え
    詳細「Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約
  4. ふるさと納税
    詳細「楽天ふるさと納税を解説!実質負担金2,000円を抑える方法
  5. 保険の見直し
    詳細「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由
  6. 自動車保険の見直し
    詳細「自動車保険が高い!安くする方法は?節約した保険料と補償内容を公開
  7. ポイ活
    詳細「ポイントサイトの仕組み・登録基準をわかりやすく解説