【格安スマホ】楽天モバイルにしただけで年間10万円の通信費節約に成功

格安スマホ

 

2年前、わが家は格安スマホデビューをしました!

数ある「格安スマホ」から、わたしが選んだのは楽天モバイルです。

こはる
こはる
現在はSoftbankを端末込み3,800円で契約しています。

 

1年ほど格安スマホを利用して

  • とにかく安い
  • 特にキャリアとの格差は感じない

前キャリアスマホと比べると年間10万円以上安くなりました。

1度切り替えてしまえば毎月確実に節約ができる通信費。

 

この記事では夫婦2人の1年間の請求額(夫は15カ月、私は13カ月)と内訳をまとめました。

本当に安くなるのかな?
1年間でどれほど節約できるかな?

と、悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

ほぼ不自由なく利用できていたので、正直いままでのスマホ代は何だったのかとバカバカしくなるほど

昔は「パケ死」なんてあったのに時代って凄いですよね。(通じる人はきっと同世代ですね!)

この記事を読んでほしい方
  • 今のスマホ代は高いと思う
  • 格安スマホを検討している
  • 楽天モバイルは本当に安いのか知りたい
  • パートナーを説得する材料が欲しい

 子どもの初めてスマホにはLINEモバイル最適!
\ 主要SNSデータ通信が無制限 /
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

LINEモバイル


格安スマホ・格安SIMとは

そもそも『格安スマホって何だろう?』『スマホ代が安いなんて罠がある!』という方は

  • 格安スマホとは何なのか
  • 安く提供できる理由
  • 格安スマホのデメリット
  • 乗り換え時のシミュレーション例

などを「格安スマホの仕組みを分かりやすく徹底解説」にまとめています。

格安スマホ 注意点 安い理由
ラクに年間10万円も節約できた『格安スマホ』の仕組みを分かりやすく徹底解説格安スマホにしたいけど仕組が分からない方へ。料金が安い理由・メリット・デメリット・買い替える時のポイントをまとめました。節約は固定費の削減が1番です。...

 \ わたしが選んだのは楽天モバイル /
公式サイトへ

楽天モバイルの年間請求額

家計簿から引っ張りだし、約1年の月々の請求額を表にまとめました。

左が夫、右がわたしの分です。

2人とも、1カ月目は事務手数料とユニバーサルサービス料2円のみ。

ユニバーサルサービス料は、どの電話会社も毎月かかるものです。

「ユニバーサルサービス制度」とは、NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国どの世帯でも公平に安定的に利用できる環境を確保するために必要な費用を、電話会社全体で応分に負担する制度です。お客さまには、是非、ご理解とご協力をお願いいたします。 SoftBank公式サイトより引用

 

格安スマホ(MVNO)は初月無料のところも多いので、乗り換え時の負担が少なくなるのもメリットです。

だいたい初月は事務手数料やMNP転出費用がかかるので、抑えれるところは抑えたいですよね。

どの格安スマホにするか悩んでいる方は『初期費用が抑えられること』も条件に入れてみて下さい(*^^*)

 

その後の請求額はさきほどの表のとおり、1年間のスマホ代は2人で6万ちょっとでした。

夫(15カ月) 32,357円
妻(13カ月) 29,932円

乗り換える前は2人で月14,500円。

1年で174,000円。

【楽天モバイル】にしたことで自然と10万超えの節約になりました。

 

こはる
こはる
1年以上使ったのでもっと安く済んでいます。

 

さらに楽天モバイルは「楽天ポイント払い」ができます。

  • 楽天カードの利用
  • 楽天バリアブルカードを購入
  • ポイントサイトからの交換

これらでポイントを獲得してほぼスマホ代に充てていました。

 

なのでクレカから実際に引き落とされたのは表の右側、1年間で5,082円だけでした。

  • 楽天ポイントの使い道に困っている
  • ついついポイントがあるからと買物しちゃう

そんな方も無駄なくポイント消化できるのでオススメですよ。

 

 楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

楽天モバイルの契約プラン

金額はもちろん契約プランにもよります。

わが家のプランは『組み合わせプラン通話SIM』。

条件は契約の縛りが1年間、その後はいつでも解約金なしで自由になるものです。

はるお
基本3.1GB:1,600円(税抜)
時々5GB:2,150円(税抜)

こはる
ほぼベーシック:1,250円(税抜)

+通話が多め

そのほかのプランは「料金ページ」をご覧ください。

組み合わせも用途に合わせて、通話なし・SMSのみと選べるようになっています。

わが家の場合、夫は仕事中にちょっとしたゲームやナビをする程度。

仕事関係の通話は会社から支給されています。

わたしは自宅のネット環境がポケットWi-Fiなので持ち運べることもあり、通信に関してはベーシックでも大丈夫でした。

ただ子供のことで市役所や、実家に電話をする機会が多く通話代が思ったより毎月かかっていました。

5分かけ放題にするかどうか迷いつつ、そのボーダーラインまではいかなかったかな~という利用金額でした。

オプションで「楽天でんわ5分かけ放題 by楽天モバイル」850円(税抜)/月が付けれます。


昨年からは新しいプラン「楽天モバイル スーパーホーダイ」も登場して、通信容量を使い切っても低速まで落ちないようになっていますよ。

楽天モバイル スーパーホーダイの特徴は

  • 契約中の解約はプランによって違約金9,800円~29,800円がかかる
  • スーパーホーダイの場合、1年・2年・3年から契約期間が選べる
  • ダイヤモンド割キャンペーンで料金が安くなる

通話SIMとの違いはこの3点。

 

わたしが利用した通話SIMは

  • 組み合わせプランは通話SIMの場合、1年で契約満了。
  • 各データSIMは、最低利用期間なし。

契約内容がシンプルなのが利点です。

どの通信会社でも言えることですが、契約解除料は大きな出費となります。

更新期間や違約金については「申込時・契約時」にしっかりと把握しておきましょう。

 

公式サイトで詳細をチェック▼
楽天モバイル

番外:キャリア乗り換えの理由

こんなにも安かった楽天モバイル。

乗り換えにはそうとうな決意が必要でした(笑)

それでもキャリアに乗り換えたのは『端末を変えたかったから』です( ;∀;)

格安スマホは端末を自分で用意するか、販売端末一覧から購入する必要があります。

新しいiPhoneを買うとなると以前の安さが再現できないため、諦めました。

これは別記事にまとめますが、近隣のキャリア店舗で見積もりを取り交渉した結果、かなり月額を安くできたので契約に至りました。

 

子どもの初めてスマホにはLINEモバイル最適!
\ 主要SNSデータ通信が無制限 /
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!LINEモバイル

格安スマホにしただけで節約できた:まとめ

いま私たちの生活・支出を通信費が大きくしめています。

そのため、格安スマホは月々の利用料金をおさえることは節約するなら最優先したい費目。

さらにキャリアと違って

  • 契約プランがシンプル
  • 契約満了超えればあとは自由
  • 月々の支払いが安い

という特徴があります。

キャリアは安くするための仕組みやプランが複雑で分かりにくく、更新月の縛りもあるので「シンプルに安く」という面では格安スマホがおすすめです。

 

こはる
こはる
ただ先ほど書いたように、利用する端末の準備にお金がかかることがあります。

 

Androidだと取り扱いも多いですが、新しいiPhoneとなると自分で購入しなければなりません。

キャリアのメリットは端末代の『サポートや分割』があることです。

iPhoneの新しい端末を購入するとなると、格安スマホとキャリアの支払い額に差がなくなってきます。

わたしの中の線引きは…

  • 利用できる端末があるのなら格安スマホ
  • Android派なら格安スマホ
  • iPhoneの新機種ならキャリア

という結果になりました。

 

1度見直せば、毎月ずっと安くなる通信費。

「格安だから安い」「キャリアだから高い」

固定観念は捨てて、いろんな角度から抑え方を考えてみましょう(*^^*)

 楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

固定費の節約一覧

固定費など大きな金額をおさえることができる節約方法です。手をつけていない方は優先的にチャレンジしてみて下さいね。

  1. 格安スマホへ乗り換え
    詳細「1年間、格安スマホを使ったら10万円も節約できた
  2. プロバイダーの変更
    詳細「通信費は節約できる時代!ポケットWi-Fiを2年使った感想
  3. 電力会社の切り替え
    詳細「Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約
  4. ふるさと納税
    詳細「楽天ふるさと納税を解説!実質負担金2,000円を抑える方法
  5. 保険の見直し
    詳細「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由
  6. 自動車保険の見直し
    詳細「自動車保険が高い!安くする方法は?節約した保険料と補償内容を公開
  7. ポイ活
    詳細「ポイントサイトの仕組み・登録基準をわかりやすく解説