証券口座不要で投資体験ができるdポイント投資のやり方とメリット・デメリットは?

dポイント投資 やり方 デメリット

あなたは資産運用をしていますか?

投資はお金持ちがやることで、難しくて怖いもの。

そんな風に決めつけていませんか?

実はいま、dポイントを使って証券口座なしで行う投資方法『dポイント投資』が手軽で注目を集めています。

サービス開始から9カ月経った、2019年2月には利用者は40万人を超え、その大半は投資未経験者なんだそう。

 参考リンク(日経経済新聞)ドコモの「dポイント投資」、利用者が40万人超より

現金を使うことなく、さらに証券口座も持たなくて良いためハードルが格段に下がっていますもんね。

この記事では

  • dポイント投資とはどんな運用方法なのか
  • dポイント投資のやり方
  • dポイント投資のメリット・デメリット
  • 楽天ポイント投資とのちがい

これらを実際の画面をもちいてわかりやすく解説します。


dポイント投資とは手軽なポイント運用サービス

dポイント投資は株式会社NTTドコモが管理・運営している、ポイント運用システム。

おおきな特徴は3つ。

  1. dポイントが100ポイント単位で利用可能
  2. 証券会社の開設不要
  3. 投資先は2つだけなのでカンタン

現金をつかわないことや、投資先が2つしかないのでアレコレ悩まずにすむのも初心者にとって嬉しい点です。

価格の変動は「THEOテオ」が運用する金融商品によって上下します。

THEOテオ」とは

ベンチャー企業「お金デザイン」が開発したロボアドバイザー。
dポイント投資では、THEOが提供する投資信託の基準価額に連動してポイントが上下している。

 

>>資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】

dポイントが100ポイント単位で利用可能

dポイント投資 やり方

dポイント投資は『ポイントを投資』して『ポイントを引出し』します。

現金を投資することや、現金で引き出しすることはできません。

ポイントを循環させるイメージですね😊

利用できるdポイントは『通常ポイント』のみ。

1日につき2,000ポイントまで、100ポイント単位で追加が可能です。

期間限定ポイントは利用できないのでお気をつけください。

口座開設が不要

dポイント投資はサイト内で解決するので、証券口座の開設をする必要がありません。

資産運用をしてみたいなと考えていても

証券口座を開設するのがおっくう・・・

と思っている方が多くいます。

これなら開設の手間がない分はじめやすいですよね。

さらに興味をもって、本格的にはじめてみたいと思ってから証券口座開設をおこなっても良いですよね(*^^*)

\ わたしは楽天証券メインで積立中 /
楽天証券

楽天証券

投資先は2つだからカンタン

資産運用といえば、数ある金融商品から投資先を決めなくてはいけません。

dポイント投資なら

  1. アクティブコース
  2. バランスコース

どちらかを選択するだけです。

わたしはリターンが大きくなることを期待して『アクティブコース』にしています。

アクティブコース

アクティブコースは、債券よりも株式に大きく比重した高いリターンを目指したコース。

バランスコース

安定した運用を目指したい方は、株式よりも債券にやや比重を置いたバランスコースにしましょう。

投資信託の運用内容については、お金のデザインのホームページで確認することができます。

興味があればぜひご覧になってくださいね(*^^*)

サイトが簡潔でわかりやすい

dポイント投資 やり方

dポイント投資ページはとても見やすく初心者でも迷うことなく利用できます。

  • 現在どれだけのポイントが運用されているのか
  • どれだけ増減したか一目でわかる
  • ポイントの追加・引出しがリアルタイム
  • 運用の簡易シミュレーションも可能

証券口座のようにたくさんのコンテンツはありません。

ポイントを追加する・引き出す・確認する、この3つが見やすく表示されています。

また、通常の投資なら『買った日(売った日)から〇日後』に株式や現金が自分の元へくるのに対し、リアルタイムで反映されるのは安心感がありますね。

資産運用をしてみたいけど何だかこわい。
かんたんに模擬体験ができたらいいのになぁ。

と、考えている方におすすめのポイント活用法です😊




dポイント投資の始めかた・やり方

ポイント投資をはじめるにはスマホ・パソコンがあれば5分できます。

こちらのリンクからdポイント投資へ移動するか、ステップ1の手順で画面をひらいてください。

\ 通常ポイントが運用可能 /
dポイント公式

  • STEP01
    dポイント投資ページを開く

    dポイント投資 やり方
    dポイント投資 やり方

    dポイントクラブの【たまる】をクリックし、【たまるコンテンツをみる >ポイント投資をみる】の順でページが開きます。

  • STEP02
    はじめての方はこちら
    dポイント投資 やり方
  • STEP03
    dアカウントでログイン
    dポイント投資 やり方
  • STEP04
    規約を確認し同意する
    dポイント投資 やり方

    メール配信を希望するの欄はどちらでも構いません。

    わたしはチェックを外していますが、運用にかかわる重要な知らせは希望にかかわらず届きます。

  • STEP05
    コースを選択する
    dポイント投資 やり方
  • STEP06
    dポイントを追加する
    dポイント投資 やり方

    追加できるポイントは1日2,000ポイントが上限です。

    dポイント投資は『通常ポイントのみ』なので、期間限定ポイントは利用できません。

  • STEP07
    設定を確認して確定する
    dポイント投資 やり方
  • STEP08
    ポイント投資の完了

ポイントの追加

初回の登録・設定がおわれば、2回目以降【既にはじめている方はこちら】より、ポイントの追加をおこなってください。

ポイントの引出し

運用しているポイントは、1ポイントからリアルタイムで引き出すことができます。

全ポイント・一部ポイントが選べるので、運用結果や市場の様子をみて判断しましょう😊

最初に『追加したポイントの〇%増えた・減ったら引き出す』と決めておくと判断に迷いにくくなりますよ。

ポイントの更新時間

追加・引出しした分はリアルタイムで反映されますが、運用しているポイントの増減は1日1回、17時に更新されます

ただ、土日祝日の市場が開いていないときは、増減があっても更新されません。




楽天ポイント投資とのちがい

そのほか代表的なポイント投資として『楽天ポイント投資』があります。

dポイント投資との決定的なちがいは6つ。

  1. 証券会社を開設する必要性がある
  2. 利用ポイント単位は1ポイントから
  3. 現金との併用も可能
  4. 好きな投資信託をえらべる
  5. 約定(買ったり売ったりすること)は数日後
  6. 売ったら現金として返ってくる

詳しくは「楽天ポイント投資はお買い物倍率があがって現金化も可能」をお読みくださいね。

楽天ポイント 投資信託
楽天ポイント投資はメリット多数!お買い物倍率があがって現金化もできる楽天ポイントで投資信託を買えるようになった! 月100円からできて、楽天市場のお買い物倍率もあがり、つみたてNISAにも対応! 初めて投資信託にチャレンジした主婦がやり方・メリットをまとめました。...

始めるのがカンタンなのはdポイント投資ですが

  • 自分で銘柄を選んでみたくなった
  • 本格的に積立てをしたくなった
  • つみたてNISAを利用したい

という場合は、楽天ポイント投資がおすすめです。

どちらのポイント投資も簡単にできるうえ、ポイントを利用しているためゲーム感覚にも感じるかもしれません。

ですが、投資・運用ということに変わりないことは忘れないでくださいね。

元本(追加した総ポイント)より減るリスクがあることを納得してから行いましょう。

また、ドコモでは運用にかかわるアドバイスはされていませんので、問い合わせはしないようお願いいたします。

Q:アクティブコースとバランスコース、どちらがおススメですか。
A:どちらがおススメということはありません。お客様のニーズに合わせてどちらかのコースをお選びください。
ドコモでは、運用に関するアドバイスは行っておりません。お客様自身でコース選択をしていただくようお願いします。

Q:追加・引出のいいタイミングを教えてください。
A:ドコモでは、運用に関するアドバイスは行っておりません。
お客様自身のタイミングで追加・引出を実施していただくようお願いします。

外部リンク:よくある質問|ポイント投資より一部抜粋

 

資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】

dポイント投資のデメリット・注意点

わたしも実際に利用しているのですがデメリットもあります。

  1. 元本割れの可能性もある
  2. 100ポイント単位で通常ポイントのみ
  3. 少額のポイントで行うため利益も少ない

この3つですが、元本割れについては投資全般にいえますね。

100ポイントと少額から運用できる気軽さはメリットであり、利益(リターン)も少ないデメリットでもあります。

また、利用できるポイントが通常ポイントのみな。

dポイントは貯まりやすいと言われていますが、キャンペーンでザクザクもらえるものは期間限定ポイントであることが多いので注意しましょう。

通常ポイントの貯め方は

  1. クレジットカードを『dカード・dカードゴールド』にする
  2. ポイントサイトで貯めたポイントを移行する

などがあります。

このデメリットさえクリアできれば、貯まったポイントの使い道として良いものだと思います(*^^*)

ポイントサイト(ポイ活)とは?

dポイント投資の特徴:まとめ

当サイトでもポイント投資の実績など、これから更新したいと考えています。

スマホで簡単にできるdポイント投資をざっくりおさらい。

メリット
  • 100ポイントから少額でOK
  • 証券口座はいらない
  • 投資先は2つのコースから選ぶだけ
デメリット
  • 少額のためリターンが少ない
  • 元本割れの可能性がある
  • 通常ポイントしかつかえない

投資ってどういうものなのか、気軽に体験してみたい方やdポイントの活用方法に悩んでいる人はぜひ検討してみてくださいね(*^^*)

 

dポイント投資内で運用結果をシミュレーションをすることもできます。

もしもシミュレーションでは、

  • 初期投資額
  • 毎月積み立てる金額
  • 現在の年齢

この3つを入力すると、簡易ですが10年後にどれくらいの金額になるのか一目でわかります。

dポイント投資 やり方

このシミュレーションの分かりやすいところは、定期預金との差をあらわしているところ。

概算ではありますが、毎月1万円を積み立てると定期預金と資産運用では約50万円もの差がでるそうです。

もちろん何%で運用されるのかによるので確実とはいえませんが、毎月の貯金額のうちいくらかは回しても良いかな・・・と考えてしまいますね。

もし、現金と併用した本格的なポイント投資をするなら『楽天ポイント投資』を利用しましょう😊

楽天ポイント投資について読む
楽天ポイント 投資信託
楽天ポイント投資はメリット多数!お買い物倍率があがって現金化もできる楽天ポイントで投資信託を買えるようになった! 月100円からできて、楽天市場のお買い物倍率もあがり、つみたてNISAにも対応! 初めて投資信託にチャレンジした主婦がやり方・メリットをまとめました。...
Tポイントで投資したいなら

SBIネオモバイル証券:公式サイトへ

固定費を削減して、浮いた分を資産運用にまわすのも賢いですよね。

まだ手をつけていないものがある方は、優先的にチャレンジしてみましょう。

  1. 格安スマホへ乗り換え
    詳細「1年間、格安スマホを使ったら10万円も節約できた
  2. プロバイダーの変更
    詳細「通信費は節約できる時代!ポケットWi-Fiを2年使った感想
  3. 電力会社の切り替え
    詳細「Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約
  4. ふるさと納税
    詳細「楽天ふるさと納税を解説!実質負担金2,000円を抑える方法
  5. 保険の見直し
    詳細「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由
  6. 自動車保険の見直し
    詳細「自動車保険が高い!安くする方法は?節約した保険料と補償内容を公開
  7. ポイ活
    詳細「ポイントサイトの仕組み・登録基準をわかりやすく解説