専業主婦の死亡保障はどう考える?実は大黒柱の万が一よりリスクが高い!?

専業主婦の保険 主婦の保障

 

家族を持つ方は、万が一に備えて医療保険・生命保険などに加入されていますよね。

こはる
こはる
よその家庭の保険事情が気になる、こはるです

 

保険加入については賛否両論ありますが、貯金がない家庭ほど必要なものだと思っています。

わが家はもちろん必須!

  • 入院や手術をしたとき
  • 働けなくなったとき
  • 死んでしまったとき

など、万が一を想定して保障を決めますよね。

その「保障の中心」として考えているのは誰にしていますか?

 

たくさん掛けれるものなら掛けておきたい保険ですが、払える金額には上限があります。

旦那様(主な働き手)に万が一があった場合に、重きを置かれる方がほとんど。

でもわたしは、奥様に何かあった時の方が家計は恐ろしくピンチになると考えています。

 

子供を残して母・奥様がいなくなったら?

その後の生活のことをシミュレーションしたことありますか?

この記事が「夫婦の万が一」について、考えを変えるきっかけになれば嬉しいです。

この記事を読んでほしい人
  • 貯金が少ない
  • 小さな子供がいる
  • 大黒柱への保険ばかり手厚い
  • ご自身の保障がほとんど無い

イヤイヤ期でも自宅だから安心
\ 訪問型の【無料保険相談】 /
何回相談しても無料!
【保険見直しラボで保険相談】


夫婦の保障について考える

今回シミュレーションしているのは、加入されている方・今後される方の多い

  1. 医療保険
  2. 死亡保険

この2種類の保険についてです。

 

期間については、どちらかが欠けると困る『小さい子どもがいる場合』としています。

まさにわが家の状態(*‘∀‘)

わが家の構成は「管理人『こはる』の自己紹介」を読んでくださると嬉しいです。

 

今後20年、子供が巣立っていくまで支出の多い、万が一のために保障も厚くしておきたい期間ですね。

 

加入中の保険については「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由」にまとめています。

【30代夫婦の保険料と保障内容】子供2人世帯が保険に加入した理由・流れを全公開子供2人30代夫婦の保険料と保障内容、なぜその保険に加入したか理由と流れをセキララに公開。環境の変化があればマメに見直しています。...

夫婦どちらかの入院・手術

まずは病気やケガなどで、入院・手術が必要になったときについて考えてみましょう。

この場合、加入したい保険は「医療保険」です。

 

わが家のシミュレーションなので

  • 会社勤めの夫(社会保険加入)
  • 専業主婦の妻
  • 未就園児の子ども

といった家族構成で考えています。

大黒柱の入院時

旦那様が入院等になれば、ほとんどの方がお仕事を休みます。

考えられる金銭面への影響は

  • 収入の減少
  • 入院費
  • 手術費
  • そのほかの雑費(食べ物・衣類・テレビカードなど)

 

ただし、社会保険に加入している方が有休を消化し規定の日数を超えれば、給与の2/3ほどになる「傷病手当金」を受け取ることもできます。

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

引用:全国健康保険協会より

これに関しては改めて記事にします(*^^*)

 

出社できないからと言って全くの無収入になるわけではありません。

ですが、パートや国民健康保険の場合「傷病手当金」この制度がないので家計へのダメージは大きいです。

専業主婦の場合は

旦那様が入院した時と同じく

  • 入院費
  • 手術費
  • そのほかの雑費

これらに加えて考えなくてはいけないことが

  • 未就園児の預け先
  • 就学している子供のフォロー
  • 家族のご飯や身支度

働かれている奥様だと世帯収入も変わってきますね。

旦那様が家事ができない場合はその点も・・・頭を悩ませることになります。

 

実家が近ければ頼ることもできますが、そうでない場合『旦那様が主婦業をになう』ことになるので仕事へも影響がでます。

 

こはる
こはる
わが家で例えると・・・

残業や早出ができなくなるので、夫の収入が5万円以上減少します。

出社するためには一時保育を利用することになります。

家事のできない夫なので、食費もかなり高くなると想像できます。

子どもは病院側が個室で寝泊まりを許可してくれる場合もありますが、その場合は差額ベッド代などで自己負担額が増えますね。

入院費については、個室か大部屋かで(差額ベッド代)費用が変わってきます。

差額ベッド代は健康保険対象外のため3割負担ではありません。全額自己負担となります。

これらを考えるとどうでしょうか?

夫が入院した時よりも『専業主婦の私』が入院した場合に、出費がかさむと思いませんか?

 

社会保険に加入している旦那様なら、ある程度の収入保障があります。

入院して生活が回らない!

という状態って、実は公的な保障の無い主婦』が入院したときの方が陥りそうです。

 

相談は無料、無理な勧誘もありません何回相談しても無料!
【保険見直しラボで保険相談】

夫婦どちらかの死亡時

次にどちらかの「死亡時」について考えてみます。

構成はさっきと同じ、共通の出費として

  • 葬儀代・供養代(180万ほど)
  • 当面の生活費(半年から1年分)

これは必ずいりますし大金です。

葬儀代については私自身の経験から、実際にかかった金額をあてています。

大黒柱の死亡時

当面の生活費に関しては、

  • 現在の家計簿から夫にかかっている費目を引いた額
  • 現状より増える費目(保育料や保険など)

これらを合わせた額が予想される支出になります。

 

旦那様の名義で住宅ローンを組んでいれば、団信保険で免除になる可能性が高いので家賃は0円。

 

そして夫の収入が無くなるので、これを心配される方が多く「生命保険」に加入されますよね。

ですが国の制度があるのはご存知ですか?

一定の要件を満たしていれば『遺族基礎(厚生)年金というものがあります。

遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。

遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」があり、亡くなられた方の年金の納付状況などによって、いずれかまたは両方の年金が支給されます。

引用:日本年金機構より

 

これは

  • 年金の種別
  • 今までに納めていた額
  • 期間
  • 家族構成

などで支給額は変わりますが、月額10万円以上いただける制度なので家計はかなり救われます。

年金について覚えていてほしい

年金は年を取ってからのものだから意味がない!と思っている方、それは間違い。
若くして何かの事情で働けなくなった時や死亡時にも「年金の支払額・期間」が重要視されます。

 

所得制限に引っかからなければ「児童扶養手当(旧母子手当)」や「母子医療」などひとり親への支援制度も適用されます。

 

どうでしょうか?

わたしはここまで考えたとき、親子ともに健康であれば金額的なものだけをみると路頭に迷うことはないと考えました。

あくまでも金額上のシミュレーションですよ(;’∀’)ノ

専業主婦の死亡時

これが専業主婦の私の場合だと金銭的に困ると思うのです。

まず、住宅ローンを組んでいれば夫名義なので免除はなく支払いが続きます。

私が死亡したことによって無くなる支出って、夫よりも微々たるものなんですよね(笑)

お金のかからない嫁です。

参考までによければ家計簿もご覧くださいね。

 

先ほど書いた「遺族基礎年金」は同じく要件を満たしていれば支給されますが、厚生年金の上乗せ部分がないので夫の死亡時より少ない額です。

 

もちろん父子家庭もひとり親支援は適用されます。

ですが、支給の判定は前年度所得で判断されるため、バリバリ働いている時期なので所得制限を超えてしまう人が多いかもしれません。

 

あとは入院した時と似ていますが、家計のやりくりができない分、支出は今より大幅に増えると予想しています。

毎日自炊なんておそらく無理でしょう。

 

ずっと男社会で生きている夫が、母・主婦の役割もこなさなくちゃいけなくなると・・・今までのような仕事はできなくなります。

そうすればお給料は下がりますし、転職も考えなくてはいけません。

得られる収入は減るのに、支出が激増してしまうと夫婦で同じ考えになりました。

 

こはる
こはる
家のこと、もっと出来たらまた変わってくるけどね
はるお
はるお
家事ができたとしても、今の仕事と家庭の両立は不安しかないよ

 

あなたの旦那様はどうでしょうか?

小さい子を残して奥様がなくなった場合、意外と我が家と同じようなシミュレーションになるかもしれません。

 

保障は働き手に手厚く手厚く・・・と思ってしまいますが

“万が一がご自身に起こった時のこと”

夫婦で想像してみるって大事です。

 

なにが良いのか、わからない
\ 保険は自宅でプロと相談 /忙しいママ必見!お家で保険相談♪
【保険見直しラボ】

保険相談の前に

保険の加入や保障内容を相談する前に、家庭の中でできるだけ明確にしておいて欲しいのが

何に対して、その保険を掛けるのか 

FPさんはお話が上手なので、あれもこれも必要に感じてしまいます。

もちろん保障ってあれば嬉しいものですからね。

ですが保険に充てるお金には上限があります。

今が一番いろんなところへお金を回したい時期ですもん。

こはる
こはる
『今』払えたとしても…払込みが終わるまでに家計がキツくなり、解約となれば損でしかありません

 

本当に今、自分が必要としている保険

この軸がブレてしまわないように

  1. なんのために必要な保険か
    (学資・妻の医療保険・夫の死亡保障見直し)
  2. 目的をカバーする金額はいくらか
    (満期200万円・日額5,000円・死亡時500万円)
  3. いくらまでムリなく払えるか
    (児童手当分まで・月額3,000円・年払い10万円)

最低限この3つは書き出しておきましょう。

 

子育てママさんは
\ 自宅での相談がラクでおすすめ /
忙しいママ必見!お家で保険相談♪
【保険見直しラボ】

 

わたしたちも保険の加入時には、たくさん悩み、考えて無理のない金額・程よい保障にしました。

わが家が加入している保険とその保障、支払額についてはこちらを参照してください。

>>次男の保険は『ソニー生命の学資保険
>>長男の教育資金用は『低解約返戻型
>>夫婦の保障詳細は『各保険に加入した理由

喪主を経験して思うこと

私はFPでも何でもない素人主婦です。

あくまでもシミュレーションであり、これ以上に大変なことがあるかもしれないし、無いかもしれません。

ただ、先ほど書いたように20代で家族を亡くし喪主を務めたことがあります。

その時にどれだけの心労と、追い打ちをかけるように大金が必要になることも経験しました。

 

実際にそういうことになると、葬儀屋さんの勧める通りにしか考えが働きません。

安いプランは・・・なんて考える時間も、そういう雰囲気も全くありません。

むしろ日本人特有でしょうか?

いろんな考えや目がある中で出来なかったのが実情です。

 

当時、子供はいませんでした。

それでも絶望から立ち上がるまで、かなりの時間とお金が必要になりました。

今は何にかえても守らなくてはいけない子供がいます。

 

家族みんなが笑ってくれせるのが1番ですが、万が一が起こったとき「お金の心配」を後回しにできるよう整えておいてほしいです。

長~い人生のスパンで考えて最低収入になっても払える金額設定をしましょう。

ライフプラン表をつくって家族会議するのもおすすめです(*‘∀‘)ノ

 

知識はなによりの財産!
相談は無料、無理な勧誘もありません何回相談しても無料!
【保険見直しラボで保険相談】

うちの保険については、下記をあわせてお読みください。

>>次男の保険は『ソニー生命の学資保険
>>長男の教育資金用は『低解約返戻型
>>夫婦の保障詳細は『各保険に加入した理由