三井住友VISAカード『ポケット保険』とは24時間ネットから申込める補償の組み合わせ自由な保険

ポケット保険 三井住友VISAカード

万が一に備える保険は、保険料が家計を圧迫しがちです。

金額を抑えたいと見直しをしたり解約を検討している方もいますよね。

固定費なので、金額を抑えればそれだけ家計はラクになります。

ただ、家計をラクにしたいからといって必要な保障までけずるのは本末転倒。

当記事では『三井住友VISAカード』を持っている方なら、自分で補償の組み合わせを決めることのできる『ポケット保険』を解説します。

自分に必要なものだけ加入し、保険料・過剰な保障をはぶき節約しましょう。

プロに相談をするなら【ほけんの時間】 無料保険相談
無料でライフプランにそった保険を紹介してくれます

自由に組み合わせ可能なポケット保険とは

ポケット保険とは『三井住友VISAカード』の会員であれば加入できます。

保険料の支払いは三井住友カードで可能。

加入・保障内容の変更・解約など、24時間ネットから手続きできる利便性が高い保険です。

代理店やファイナンシャルプランナーを通さず自分で行うため、営業されるのが嫌な方にもピッタリですね。

自分で行うということは、多少は保険・保障の知識が必要です。

ポケット保険(ポケホ)は、ご加入から補償内容の変更などが24時間・365日Vpassでお手続きいただける、三井住友カード会員限定の保険です。補償内容や保険金額などお客さまのニーズに合わせて自由にお選びいただけ、最短翌日から補償が開始できます。
引用:https://www.smbc-card.com/mem/service/li/pokeho.jsp

三井住友カード

一般カードでも審査が厳しいともいわれる銀行系なのでステータスも高い、三井住友VISAカード

 

年会費ネットからの申込みは初年度無料
条件達成で翌年
ブランドVISA加盟店で利用可能
ポイント特典1,000円の利用につき1ポイントたまる
1ポイントは5円相当
ポイント種類ワールドプレゼントポイント
電子マネーApplePay・ID など対応

三井住友カードは年会費がかかるのですが、ネットから申し込むと初年度無料が適用されます。

申込みにかかる時間は10分ほど。

その後、審査に通ったら1週間前後でカードがとどきます。

初年度年会費無料は、2020年3月31日(火)までにインターネットよりお申し込みいただいた方が対象となります。
引用:三井住友公式サイトより

カードを作ろうか検討している方は、店頭申込みではなくネットからがおすすめです。

2019年6月29日現在

  • Apple PayのiDを新規設定でもれなく2,000円分がタダ
  • Apple PayのiD対象店舗で利用するとポイント合計10倍
  • もれなくご利用金額の20%(最大8,000円)プレゼント

など、カードを新規発行した方にキャンペーンが行われています。

三井住友カード公式サイトへ

ポケット保険で加入できる保険種類

ポケット保険には『ケースに応じた13タイプの保険』と、自由に組み合わせを選択できる『自由設計プラン』があります。

全ての保険が『基本トレイ』と『オプション』で成り立っていて、ひと家族かならず加入しておきたい個人賠償責任保険もあります。

 関連記事 【加入するべき特約NO’1】月々たった数百円大きな補償『個人賠償責任保険』

三井住友ポケット保険 個人賠償責任保険引用:ポケット保険かんたん保険料試算

\ ポケット保険の詳細はこちら /
ポケット保険公式ページ

ケースに応じた13タイプの保険

13タイプの保険は、どういった状況に特化した保険を作成したいか選択すると、適したプラン設計を表示してくれます。

スポーツに関する保険

保険コースおすすめの補償概要
ゴルフコース・Sサイズ(本人型)
・月々540円~
・ゴルフが好きな方をサポート。
・ホールインワンや愛用のクラブが壊れてしまった場合も補償。
ランニングコース・Sサイズ(本人型)
・月々480円
・ランニング中のアクシデントをサポート
・本格的なランナーから健康のためにジョギングをしている方まで。
テニスコース・Sサイズ(本人型)
・月々540円より
テニスが好きな方をサポートします。
テニス中にラケットが壊れてしまったり、ケガをした場合も補償します!
サッカー
フットサルコース
・Sサイズ(本人型)
・月々580円より
サッカー・フットサルが好きな方をサポートします。
サッカーやフットサルプレー中に相手と接触してケガをした場合も補償します!
野球コース・Sサイズ(本人型)
・月々540円より
野球好きな方をサポートします。買ったばかりの大事なグローブが壊れてしまったり、頑張りすぎてケガをしてしまった場合も補償します!

 

レジャーに関する保険

保険コースおすすめの補償概要
自転車コース・Sサイズ(本人型)
・月々580円より
自転車に乗っている際の万が一のアクシデントをサポートします。転んでケガをした場合や追突して人にケガをさせてしまった場合も補償します!
国内旅行コース・Sサイズ(本人型)
・月々470円より
国内旅行が大好きな方必見!入院などのアクシデントによるキャンセル費用を補償します。
トレッキングコース・Sサイズ(本人型)
・月々450円より
山登りやハイキング中のアクシデントをサポートします。万が一遭難してしまった場合の救援者費用を補償します。
マリンスポーツコース・Sサイズ(本人型)
・月々490円より
海大好きな方必見!スキューバダイビングなどマリンスポーツ中の事故や万が一遭難してしまった場合の救援者費用を補償します。
スキー・スノーボードコース・Sサイズ(本人型)
・月々550円より
雪山好きな方必見!スキーやボードが壊れてしまったり、転倒してケガをしてしまった場合などを補償します。

 

生活に関する保険

保険コースおすすめの補償概要
ケガコース・Sサイズ(本人型)
・月々480円より
事故や転倒などのアクシデントにより、ケガをされた場合の入院日額や通院日額、死亡・後遺障害を補償します。
賃貸コース・Sサイズ(本人型)
・月々800円より
一人暮らしの方をサポートします。火災などにより賃貸中の住宅に損害を与えてしまった場合など、万が一の事態を補償します。
家財コース・Sサイズ(本人型)
・月々810円より
火事などのアクシデントにより、家財やレンタル用品が破損した場合など、万が一の事態を補償します

必要だと思われる補償を組みこんだ、保険を自動的に表示してくれます。

このほか『自由設計コース』があり、基本トレイ・オプションを自分の好きなように選択できます。

基本トレイ

ポケット保険に加入するなら必ずつけなくてはいけない補償です。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害入院・通院日額

事故による『死亡・後遺障害』か『入院・通院』の両方、またはどちらかを選びます。

最低補償金額が、入院日額500円~・月々40円(本人型)とリーズナブルですね。

ポケット保険は『傷害保険』なので事故によるものが対象。病気は保険の対象外。

オプション

基本トレイを選択したら、必要なオプションに加入しましょう。

  • 携行品損害
  • 住宅内生活用動産
  • 個人賠償責任
  • 借家人賠償責任
  • 受託物賠償責任
  • キャンセル費用
  • 救援者費用等
  • ホールインワン・アルバトロス費用

この8つのオプションがあり、『個人賠償責任保険』に加入していない方は月々100~120円で加入できます。

オプションの概要

以下は主な保険適用例で、例外・保険対象外のケースもあります。

携行品損害盗難・破損・火災などにより携行品に損害が生じた場合
住宅内生活用動産居住用の住宅内にある生活用動産に損害が生じた場合
個人賠償責任偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負われた場合
借家人賠償責任借用戸室が火災・破裂・爆発により破損し、貸主に対する法律上の損害賠償責任を負われた場合
受託物賠償責任受託物を住宅内・一時的に住宅外で管理している間に、破損・紛失・盗難が生じ、権利を有する方に対して法律上の損害賠償責任を負われた場合
キャンセル費用被保険者の親族の死亡・ケガ・病気による入院によって、特定のサービスを受けられなくなり、ホテルの違約金などのキャンセル費用を負担した場合
救援者費用等救援対象者が所定の条件に該当し、被保険者が費用を負担した場合
ホールインワン・アルバトロス費用条件内のホールインワンまたはアルバトロス達成のお祝いとして、実際にかかった費用を支払う

このなかで子育て世帯に特におすすめしたいオプションは、個人賠償責任保険。

この保険は、日常のちょっとした不注意から起こる事故をはじめ、他人にけがをさせたり、物を壊してしまった時に発生する『損害賠償』をカバーしてくれるものです。

一世帯一人でも加入していれば適応されることがほとんどなので、火災保険・自動車保険・ほかクレジットカードなど、重複していないことを確認して申込しましょう😊

個人賠償責任保険の詳細は「加入するべき特約。月々たった数百円なのに大きな補償」をご覧ください。

個人賠償責任保険 思わぬ事故
【加入するべき特約NO’1】月々たった数百円なのに大きな補償『個人賠償責任保険』 個人賠償責任保険に加入していますか? 個人賠償責任保険とは、日常のちょっとした不注意から起こる事故をはじめ、他人にけがをさ...

ポケット保険への加入方法

まず『かんたん保険料試算』で、見積もりをとってみましょう。

三井住友カードを現在もっていなくても試算可能です☺

保険料試算には”Adobe Flash Player”環境が必要です

Adobe Flash Playerをインストール

最新版をダウンロードしていない方はインストールしましょう。

McAfeeも一緒にインストールしてしまうことがあるので【提供オプション】2点のチェックを外すことをおすすめします。

Adobe Flash Player 注意点

保険コースをえらぶ

先ほどの『13タイプの保険』のなかから、または自由設計コースを選択します。

ポケット保険 個人賠償責任保険

たとえば個人賠償責任保険を最安でもちたいなら

  1. 自由設計コースを選択
  2. 傷害入院・通院(入院のみ適用に)500円に設定
  3. 個人賠償責任を1億~3億から選ぶ

個人賠償責任の補償を1億にした場合、本人型だと月額140円とかなりやすく持てますね。

3億にすると、本人型で月額160円です。

納得できる補償・保険料であれば、ネット上で申込み手続きができます。

必要だと思った時に、自分ですぐに加入できるのもポケット保険のメリットですね。

ポケット保険の申し込みをする

ここからは三井住友VISAカードをお持ちの方が利用できます。

ポケット保険のページ『お申し込みはこちら』から保険の手続きをしましょう。

  • STEP01
    新規申し込みをクリック
    ポケット保険 三井住友VISAカード

     

  • STEP02
    マイページにログインする

    三井住友カード会員マイページ『Vpassブイパス』に登録していない方は、【Vpass・カードご利用代金WEB明細書サービス登録】をしましょう。

    3分もあれば設定は完了します♩

  • STEP03
    コースを選択して申込み

    ポケット保険 三井住友VISAカード

  • STEP04
    補償開始日を選択
  • STEP05
    補償と金額を設定・確認

    設定を変えたときは、必ず【保険料を試算する】をクリックして保険料が正しいものになっているか確認しましょう。

  • STEP06
    加入タイプを選択

    本人型・夫婦型・家族型をえらびます。

    オプションで『個人賠償責任・受託物賠償責任』をつけている場合、本人型でも家族みんなが対象になっているので安心してください。

  • STEP07
    加入申込者の情報入力

  • STEP08
    申込みをする

    重要事項に目を通し【はい】にチェックを入れ、ダウンロードして保管しておきます。

    三井住友VISAカードの番号を入力し、保険内容・規約を確認したら【申込み】して完了です。

あらかじめ、かんたん保険料試算で内容を決めていれば10分程度で申込みできます。

補償の重複や保険が適応される範囲など、しっかり把握できるならネットで完結するポケット保険はラクですよね。

個人賠償責任保険も最高の3億に設定しても、月々160円なのでリーズナブル。

ポケット保険は三井住友VISAカードをもっている人だけが加入できるので、簡単に安く傷害保険を持ちたい方は検討する価値ありです。

三井住友カードの申し込みはネットから

ポケット保険を提供している会社は以下の表にまとめています。

引受保険会社三井住友海上火災保険株式会社
東京都千代田区神田駿河台3-9
取扱代理店株式会社エスシー・カードビジネス
東京都港区海岸1-2-20
団体保険契約者三井住友カード株式会社
東京都港区海岸1-2-20



三井住友VISAカードを年間費無料でもつには

ポケット保険が気になる方のネックとなるのが『三井住友VISAカードの年会費』ではないでしょうか。

初年度はネットから申し込むことで年会費が無料になります。

問題の2年目以降は

  • マイ・ペイすリボを設定
  • カードを1回以上使用

この2点をクリアすれば年会費無料で持つことができますよ☺

マイ・ペイすリボを設定

マイ・ペイすリボとは、いわゆるリボ払い設定です。

リボなんて普段なら絶対に使っちゃいけない借金への1本道のようなもの。

これを利用するのですが、例えば4万円カード決済してもリボ上限を50万円等にあげておけば、リボ扱いにならず一括払いとして引き落としされます。

もちろん金利もかかりません。

リボ金額設定を高くして、その設定金額内で支払っていれば普段通り一括払いと同じ仕組みになります。

わたしもリボ金額の利用枠は最大にあげています。

マイ・ペイすリボ 三井住友VISAカードリボの上限を最高額まで上げておく

カードを1回以上使用

三井住友VISAカードを年1回以上、金額はいくらでも大丈夫なので利用しましょう。

この2点が2年目以降の年会費を無料にする条件です。

マイ・ペイすリボの金額設定と、毎月つかう金額がそれを超えないようにだけ注意してくださいね。

カードは引き落としまでタイムラグがあり、利用枠上限に誤差がでます。利用上限は念のため2か月分をみておくと安心できますよ

ポケット保険:まとめ

ポケット保険は、自分に必要だと思う補償を自由に・24時間ネットで・最短翌日から・誰にも干渉されず申込むことのできる保険です。

加入保険をしっかりと管理できる方には、手軽で便利ですよね。

ネット型のため保険料も安く節約もできます。

特に『個人賠償責任保険』を特約として持っていない方は、3億の補償をつけても月々160円なので安心料としてもコスパが良すぎます。

 関連記事 【加入するべき特約NO’1】月々たった数百円大きな補償『個人賠償責任保険』

ポケット保険の特徴

三井住友VISAカードに付帯している保険のため、カードを解約すると保険も自動的に解約になるので注意してください。

また、三井住友VISAカードはネットから申し込んだ場合、初年度の年会費が無料になります。

ネット申込みで初年度無料になるカード
アミティエカード・エブリプラス・デビュープラスカード・クラシックカード・クラシックカードA・ゴールドカード・プライムゴールドカードの7種類です。

2年目以降は通常、年会費がかかりますが『三井住友VISAカードを年間費無料でもつには』の項目2点をクリアすれば年会費はかかりません。

保険もカードもうまく使って、安く大きな補償をもちましょう☺

三井住友カードの申し込みはネットから

プロに保険相談をするなら【ほけんの時間】 無料保険相談
無料でライフプランにそった保険を紹介してくれます