【加入するべき特約NO’1】月々たった数百円なのに大きな補償『個人賠償責任保険』

個人賠償責任保険 思わぬ事故

 

個人賠償責任保険に加入していますか?

個人賠償責任保険とは、日常のちょっとした不注意から起こる事故をはじめ、他人にけがをさせたり、物を壊してしまった時に発生する『損害賠償』をカバーしてくれる保険。

保険料は月々、数百円。

また、個人賠償責任保険は単体ではいることは基本できません。

いま持っているクレジットカードや、加入している生命保険・自動車保険に特約としてつけることができます。

この記事では、個人賠償責任保険の内容をわかりやすく解説しています。

また、どんな加入方法があるの、あなたがこれから加入するなら何がおすすめかもまとめました。

特に、わが家のように小さな子供がいる家庭や自転車に乗る機会が多い方に読んでもらえると嬉しいです。

すこしの不注意から何が起こるかわかりません。

過去にあった事例もまじえてお話しますね。

この保険は「個人賠償責任特約」「個人賠償責任補償」「日常賠償責任補償」と、会社によって名前が違います。本記事では便宜上「個人賠償責任保険」に統一して執筆しています。ご了承ください。
この記事を読んでほしい人
  • なんの保険にも加入していない
  • 個人賠償責任保険がどんなものか知らない
  • 小さな子供がいる
  • ペットを飼っている
  • 家族が多い

保険の見直しをプロと一緒に無料でできる
保険見直し本舗


個人賠償責任保険とは

日常生活で「他人に」事故・ケガ・破損をさせてしまい、法律上の損害賠償責任が発生したときに、自分が負担する金銭的な損害を補償してくれる保険です。

これには自転車事故もふくまれます。

月々の保険料も安く、1世帯1人が加入していれば、ほぼ家族全員の万が一に対応できます。

実際にそんな場面ってあるかな?

と思うかもしれません。

次に紹介する例をご覧くださいね。

ちょっとした不注意で起こるかもしれない・・・と感じるはずです。

補償内容

この保険で補償される事故や損を例にあげてみると

  • 子どもがケンカをして相手にケガを負わせた
  • 駐車場に止めている他人の自動車に傷をつけた
  • お店のものを壊してしまった
  • 飼い犬が他人を噛んでケガさせてしまった
  • マンションで洗濯機から水濡れし、下の戸室に被害を与えてしまった
  • 自転車に乗っていて、人にけがをさせた(死亡・後遺障害ふくむ)

など、日常で起こりえる事故によって発生する『金銭的な責任』を補償してくれます。

補償金額などは加入保険によってちがいます。

詳細は「個人賠償責任保険への加入方法」をご覧ください。

借りたもの・預かった物に対して生じた賠償損害や、車を運転中・業務上の賠償事故については支払いの対象外です。

保険の対象者

加入する保険会社・特約としてつけるものによって多少のちがいはありますが

  • 契約者本人
  • 契約者の配偶者・子ども
  • 同居している親族(祖母・実父など)
  • 生計をいつにする別居の未婚の子(仕送りを受けている学生など)

幅広く家族を補償をしてくれるのも『個人賠償責任保険』の特徴です。

家族が多い、小さな子どもがいる、ペットを飼っている方はとても助かりますね。

示談交渉サービスの付帯

示談交渉サービスとは、当人同士ではなく第三者が間にはいり示談交渉を行ってくれるものです。

こはる
こはる
この保険を使うときの当人とは、自分(加害者)と相手(被害者)になりますね。

個人賠償責任保険を利用するときは、自分自身(またはその家族)に非があるケースがほとんど。

あなた・家族が『加害者』の立場にあるため、誠意をもって対応したいですよね。

ですが、加害者・被害者、おたがい感情があります。

常に冷静に対応できるかと言えば・・・難しい場面もあるでしょう。

 

示談交渉サービスがついていれば、こういった時に自分のかわりに物事をすすめてくれるので、もちろんあった方がいいです。

当事者同士で話をまとめるのって簡単なことではありません。

個人賠償責任保険への加入方法」の項目でおすすめしている加入方法は、示談交渉サービスがあるものを必須条件にしています。

保険の見直しは保険見直し本舗

過去にあった賠償責任が発生した事例

過去にあった、私たちの身にも起こりえる事故事例でを紹介します。

特に、自転車事故は高額な賠償になりました。

本当にわたしたちには関係ないと言えるのか?ご家族で考えてみてほしいと思います。

支払い事故の理由

事故件数の第1位は「自転車事故」、次いで「漏水(水漏れ)事故」が多いです。

自転車事故は命にもかかわるため高額賠償になることが想像できますよね。

ただ、水漏れ事故もフローリングの貼り替え・天井の修繕など高額になる事例が多くありました。

損害賠償が発生した事例

①賠償額:約350万円

自宅マンションの浄水器から水漏れし、階下(他人)の居室に損害をあたえてしまい修繕費を支払った。

(参考 大阪市民共済より)

②賠償額:約9,500万円

自転車で女性にぶつかり、植物状態になる事故を起こした。

自転車を運転していた少年(11歳)の母親に賠償を命令。

(神戸地方裁判所 2013年7月4日判決)

③賠償額:約4,000万円

男子高生が赤信号で横断歩道を自転車で走行中、62歳の男性が運転するバイクと衝突。

頭蓋内損傷で男性は死亡。

(東京地方裁判所 2005年9月14日判決)

3つの事例を載せましたが、ご自身に起こる可能性はありませんか?

②の事例のように、加害者(事故を起こした人)が12歳以下だった場合、親権者が責任を負うことになる可能性が高いです。

こどもが幼かったり、自転車に乗るのであれば必ず

  • 自転車保険
  • 個人賠償責任

加入して万が一に備えたいですね。

 事故が起こったときに知っておきたいこと 日本損害保険協会

個人賠償責任保険への加入方法

加入方法は主に、すでに持っている保険・クレカ・銀行口座の特約としてつけること。

もし1つも加入していない・持っていないのであれば、これを機会に検討してみてはどうでしょうか。

手軽なものから

  1. クレジットカードの特約として
  2. 銀行口座の特約として
  3. 自動車保険の特約として
  4. 医療保険・生命保険の特約として
  5. 火災保険の特約として

これらの金額や補償内容、おすすめできる方を解説しますね。

クレジットカードの特約としてつける

1番手軽な方法で、お財布にカードがあるため忘れにくい存在。

  1. 三井住友VISAカード
  2. エポスカード

この2枚をおすすめします。

三井住友VISAカード

銀行系クレジットカードで有名な「三井住友VISAカード」のポケット保険。

傷害保険と一緒に加入するかたちで、補償額を選べること・ネット上で簡単に契約~解除までできます。

月額保険料140円・150円・160円
補償額1億・2億・3億(上記掛け金に応じて)
示談交渉サービスあり(国外は対象外)
保障対象者カード所有者
所有者の配偶者
同居の親族および別居の未婚の子
保障開始日申し込みの翌日から

140円~160円で個人賠償責任保険をつけれますが、合わせて加入する損害保険によってトータルの金額が変わります。

ポケット保険のメリットとして

  • 健康・医療相談
  • 税務相談
  • くらしのトラブル

について、三井住友海上火災保険が提供する『無料電話相談』を受けることもできます。

三井住友VISAカード公式サイト

エポスカード


専業主婦や学生に人気のマルイグループが発行する「エポスカード」。

海外旅行損害保険も自動付帯されています。

月額保険料460円~
補償額最高3億
示談交渉サービスあり
保障対象者契約者(記名被保険者)
契約者の配偶者
契約者または配偶者の「同居の親族および別居の未婚の子」
国外国外での事故も対象
補償開始日申し込みの翌日から

 

海外旅行傷害保険付帯(補償は本人のみ)が自動的にカードに付いているのも魅力です。

エポスカードに関する記事

早ければその日に結果がわかる
エポスカード

銀行口座の特約としてつける

もっているクレジットカードに特約をつけられない・クレカを増やしたくない。

という方は、どんどん便利になっているネット銀行口座を開設して、保険をつけることもできます。

楽天銀行
楽天銀行
楽天カードの引落し先にすると、買い物倍率が上がる「楽天銀行

 

月額保険料月払い140円・年払い1,580円
補償額最高1億
示談交渉サービスあり
保障対象者契約者(記名被保険者)
契約者の配偶者
契約者または配偶者の「同居の親族および別居の未婚の子」
国外国内外対応。
ただし、示談交渉サービスは国内のみ。
保障開始日申込手続が完了した翌日16時から

 

自転車の事故を補償する場合は、+月々140円~(家族補償範囲によってかわる)

楽天銀行に関する記事

\ 口座開設は無料!ネットで完了 /
楽天銀行 公式サイトへ ➡
楽天銀行

自動車保険の特約としてつける

車を持っている方なら必ず加入している自動車保険。

現在加入している保険が対応しているか確認してみましょう。

更新時期が近いのであれば、保険料の一括見積もりで見直しをすることでトータル保険料が安くなる可能性もあります。

SBI損保
わが家が加入している自動車保険。
個人賠償責任保険はこちらの特約でつけています。
月額保険料自動車保険と一緒に支払う
補償額最高1億
示談交渉サービスあり
保障対象者契約者(記名被保険者)
契約者の配偶者
契約者または配偶者の「同居の親族および別居の未婚の子」
国外国内のみ
保障開始日初回保険料支払いの翌日から

上記の内容は、わたしが加入している『SBI損保』のものです。

自動車保険でプランを選べるようであれば、年額でそんなに値段は変わらないので示談交渉付きを選択しましょう。

示談交渉付きについて「示談交渉サービスの付帯」を、もう1度確認する。

自動車保険に関する記事

\ 最短5分で結果もすぐわかる! /自動車保険一括見積もり

生命保険・火災保険の特約として

いま加入している保険の特約を確認しましょう。

もしかしたら覚えていないだけでオプションをつけているかもしれません。

担当のFP(ファイナンシャルプランナー)や、見直しのタイミングが合えば聞いてみましょう。

まだ保険に加入していないなら

無料でFPに相談できる保険見直し本舗

CO-OP(コープ)共済

みなさんご存知のコープ共済でも個人賠償責任をつけることができます。

こちらも個人賠償責任保険単体では加入できないので、ほかの保険の特約としてつけるカタチです。

保険会社CO-OP(コープ共済)
月額保険料140円
補償額最高3億
示談交渉サービスあり
保障対象者契約者(記名被保険者)
契約者の配偶者
契約者または配偶者の「同居の親族および別居の未婚の子」
国外国外での事故も対象
保障開始日初回保険料振替日の翌日から

特約がつけれる募集中のコースは?
《たすけあい》以下の5つから
ジュニア20コース・女性コース・医療コース・ベーシックコース・プラチナ85
《あいぷらす》ゴールド85 3型・5型

詳細はこちらのページで確認できます。
《たすけあい》個人賠償責任保険加入をご検討の方(外部リンク)

火災保険の特約として

加入中の火災保険に特約でつけることができないか確認してみましょう。

特に持ち家の場合、ほぼずっと加入している保険なので『クレカ(生命保険)を解約してから、加入するのをうっかり忘れていた』ということが無くなりますね。

火災保険の一括見積りをとってみる
保険スクエアbang!

火災保険は、一括払い済みだと特約をつけれなかったり、賃貸の火災保険は変えられない場合もあります。

  • 海外へは行かないから国内のみでじゅうぶん
  • できるだけ補償額の多いものに入りたい
  • いま加入している保険の特約につけたい
  • クレジットカードで手軽に加入したい

など、生活スタイルに合ったものに特約をつけましょう😊

個人賠償責任保険の注意点

この保険に加入する場合の注意点をまとめました。

  1. 個人賠償責任保険は単体では入れない
  2. 特約になっているため二重加入になっていないか注意
  3. 保険や付帯しているものを解約すると、同時に個人賠償責任保険も解約になる
  4. 補償される対象を把握しておく(家族の範囲・補償金額など)

この4点に気をつけましょう。

個人賠償責任保険は単体では入れない

この保険は基本的に『特約』なので、個人賠償責任保険だけに入ることはできません。

特約になっているため二重加入になっていないか注意

先ほど紹介したようにクレジットカード・保険・銀行などに『特約』としてつけることができます。

加入していることを忘れてしまうこともあるかもしれません。

2箇所で入っているからといって、補償が2倍にはならないのでムダになってしまいます。

二重加入になっていないか注意しましょう。

保険や付帯しているものを解約すると、同時に個人賠償責任保険も解約になる

特約としてつけている『元になるもの』を解約すると、個人賠償責任保険も解約になります。

  • クレジットカードを解約した
  • 保険の見直しをして乗り換えた
  • 保険満期になって解約した

など、いつまで補償されるものかよく確認しましょう。

補償される対象を把握しておく(家族の範囲・補償金額など)

どんな保険にも共通することですが

  • 補償される人の範囲
  • 賠償額はいくらまでか
  • 国内外どこまで補償されるか
  • 示談交渉サービスはついているか

加入しているものの補償対象・範囲は必ず把握しておきましょう。

国外も保障されると思っていたのに・・・
弁護士特約がついていると思ってたのに・・・

万が一の時に役に立たなければ意味がありません。

保険を役立たせるのは自分自身です。

個人賠償責任保険のまとめ

個人賠償責任は月々ほんの数百円で、とっても大きな補償をしてくれます。

事故が起こってから、物を壊してしまってからでは遅いです。

わが家のように小さいお子さんがいる方、ペットを飼っている方・自転車に乗っている方で未加入なら加入を検討してくださいね。

もう1度『個人賠償責任の加入方法』を読む。


自動車保険に関する記事

夜中でも最短5分で結果がすぐわかる自動車保険一括見積もり

火災保険の一括見積りをとってみる
保険スクエアbang!