節約する方法

楽天経済圏以外も使える!楽天スーパーポイント(通常・期間限定)のちがいと使い方

楽天ポイント 使い方 期間限定ポイント

楽天ポイントがけっこう貯まってるけど使い方がよくわからないなぁ

期間限定ポイント・通常ポイントだったり、ややこしいよね

よく聞かれるんですが、コレすごくもったいない!

楽天ポイントは使い道がたくさんあって、わが家の現金支出をかなり抑えてくれているポイントです。

わたしは楽天市場でのお買い物が多くって、楽天市場(通販)を使うメリットは3つあります。

  1. 外出しなくてもよい
  2. 重いもの・かさばるものを持ってきてくれる
  3. ポイントがかなり貯まる

この中でも3つ目の『ポイントが貯まる』ペースが半端ないのが楽天市場をつかう最大のメリット

今やネットが快適すぎて、お米・オムツなど重くてかさばるものから、お中元お歳暮・お誕生日・ふるさと納税・・・生活にかかわるもの、ほとんどを「楽天市場」中心に購入しています。

最近では子乗せ電動自転車という高額な買い物もして、ポイントもたっぷり獲得しましたよ♩

楽天ポイント 獲得ポイント 還元率

これだけポイントをもらっても上手に使えなければもったいない。

年間10万円近くポイントを獲得しているわたしが、家計を助ける楽天ポイントの使い方をこの記事で紹介します。

ポイントはうまく貯めて、うまく使えば家計を劇的に変えるものになりますよ。


通常ポイント・期間限定ポイントのちがい

楽天スーパーポイントは、通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

ちがいを知っておかないと、ポイントが失効したり、使いたかったことに使えなかった・・・なんてことが起こるので要注意。

通常ポイントの特徴

通常ポイントは利用期限が1年と長いポイント。

その有効期限は、新しく通常ポイントを獲得する度に1年間期限が延長されます。

楽天サービスの利用頻度が高い方なら、期限はほぼ気にしなくていいですね!

期間限定ポイントの特徴

期間限定ポイントは、利用できる期限が数日~1年未満の優先的に使いたいポイント。

キャンペーンなどボーナスとして得られるもので、定められた期間より延長されることはありません。

楽天ポイントを利用すると期間限定ポイントから消化されていきます。

期限はキャンペーンによって異なるため定期的にチェックしましょう。

ポイントを確認する ≫【楽天PointClub】:公式サイト

楽天スーパーポイントを使う準備

楽天ポイントの使い方
出典:https://pointcard.rakuten.co.jp/guidance/

楽天ポイントの価値は、1ポイント1円。

楽天市場でお買い物にあてることもできるし、楽天カードの請求額や街のお店でも使えます。

旅行・楽天競馬など、貯まる・使える楽天のグループサービスはこちら

コンビニ・百貨店・ドラッグストアなど街で使えるお店の一覧はこちら

実店舗(マクドやコンビニなど)で、楽天ポイントを貯めたり使ったりするには『ポイントカード』か『ポイントアプリ』が必要です。

楽天のクレジットカードを持っているなら、裏面にポイントカード用のバーコードが記載されていますよ♩

ポイントカードは提携しているお店で無料配布しています。

ポイントアプリは専用のものをダウンロードするか、楽天アプリのいずれかを持っていれば表示させれます。

出典:https://pointcard.rakuten.co.jp/guidance/

\ おすすめは楽天ペイアプリ /

楽天ポイントカードは1アカウントにつき、最大15枚まで登録ができます。≫ 追加するならこちら

万が一、ポイントカードを紛失してしまったら一時停止の手続きをしましょう。≫ 一時停止はこちら

そのまま見つからない、または利用しなくなった場合はカードの削除手続きを。≫ 削除するならこちら

次の項目では、わたしが利用しているサービスと、一般的によく使われているものについて詳しく解説しますね☺︎

期間限定ポイントの使い方

まずは利用期限が短い期間限定ポイントから。

  1. ラクマで利用する
  2. 楽天ペイの支払いに使う
  3. ガソリン代に使う
  4. ふるさと納税・楽天市場で利用する
  5. 楽天モバイルの料金にあてる
  6. 楽天でんきの利用料にあてる

ラクマで利用する

ラクマは楽天が運営するフリマアプリです。

期間限定ポイントを使って、株主優待券や額面割れしているチケット・切手を購入しています。

外食費・被服費・フリマ出品時の送料を節約することができますよ♩

ラクマ登録時に紹介コード『7QUSe』入力で楽天ポイントが100ポイント期間限定もらえます。

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天ペイの支払いに使う

楽天ペイは街でのスマホ決済、楽天IDを使ってオンラインショップで使える支払い方法。

登録しているクレジットカード、または楽天ポイントの利用ができます。

期間限定ポイントは少額なことが多いので、よけいな買い物をせずに普段の生活で消費するには楽天ペイがおすすめ。

チャージせずに使えて家計管理がしやすいです。

楽天ペイ独自のキャンペーンも行われているので確認してみてくださいね。≫ キャンペーンページはこちら

ガソリン代に使う

楽天ポイントが使えるガソリンスタンドは出光です。

店舗検索 ≫ 出光のサービスステーション検索

わが家も毎月ガソリン代が高いので、ポイントで家計の負担を減らしています。

ポイントが使えるだけでなく、給油2ℓに対して1ポイント貯まりますよ♩

利用には楽天ポイントカードが必要なので、あらかじめ用意して楽天アカウントを連携しておきましょう。

楽天クレジットカードを持ってる方は「楽天POINT」マークがあれば、ポイントカード一体型なので不要です。

ふるさと納税・楽天市場で利用する

1番手っとり早くポイントを消化できるのは『楽天市場でポイント払いする』ことですが、楽天カードを持っているならカード払いがお得。

利用するなら100円未満の支払い分にあてるのが良いですね!

こはる

例えば、2,547円のお買い物をした場合。
100円未満の47円をポイントで、2,500円は楽天カードで決済すると効率よくポイントが貯まります。

ちなみに、楽天市場でふるさと納税を行なった場合にも楽天ポイントは利用できます。

たくさんポイントがあって、買い物するものがない・使い道がないなら『ふるさと納税をポイント払い』も家計に必ず還元されるのでおすすめです。

楽天ふるさと納税 実質負担金を抑える
【楽天ふるさと納税】寄付の手順・ポイントバックで実質負担金2,000円をおさえる方法ふるさと納税の自己負担金2,000円はポイントバックで家計の負担をおさえることができます。寄付のやり方・注意点もすべて丁寧に解説します。...

楽天モバイルの料金にあてる

楽天モバイルの利用料金は、楽天ポイントで支払うことができます。

登録情報から設定していれば、毎月自動で利用されるのでしっかり家計に還元。

ポイントで支払いきれなかった場合は、足りなかった差額が登録してあるカードで決済されます。

ポイントが少なくても未払いにはならないので安心してくださいね。

楽天モバイルを使っていた時は、毎月ほぼポイントで支払うことができました。

 関連記事 【通信費の見直し】楽天モバイルで年間10万円も節約!楽天ポイント払いで実質0円も?!

楽天でんきの利用料にあてる

電力自由化にともなって、楽天も電気供給をはじめました。

うちも今は楽天でんきを契約しています。

基本料金は0円・関西電力地域なら22.50円/kWhで、時間別・日別・月別に電気使用量を見ることができるのも便利。

なにより楽天ポイント払いができるし、SPU倍率も上がります。

楽天ヘビーユーザーには嬉しい特典が多いですね。

\ キャンペーンポイントがもらえる /
楽天のでんき

通常ポイントの使い方

通常ポイントは、期間限定ポイントではできない使い道があります。

  1. 楽天ポイント投資
  2. 楽天Edyに移行
  3. 楽天カードの請求にあてる

せっかく通常ポイントを使うなら『そのポイントでしかできないこと』をしたい私の使い道を紹介しますね。

楽天ポイント投資

通常ポイントは楽天証券で投資信託の購入に使えます。

ポイント投資はSPU対象なので、お買い物倍率もあがりますよ♩

 関連記事 楽天SPU最新版を解説

少額で投資が気になっているけど怖くて始められない、という方におすすめの利用方法です。

わたしは毎月、通常ポイントのほとんどを投資信託の購入にあてています。

楽天ポイント 投資信託
楽天ポイント投資はメリット多数!お買い物倍率があがって現金化もできる楽天ポイントで投資信託を買えるようになった! 月100円からできて、楽天市場のお買い物倍率もあがり、つみたてNISAにも対応! 初めて投資信託にチャレンジした主婦がやり方・メリットをまとめました。...

楽天Edyに移行

電子マネー『楽天Edy』のチャージに、楽天ポイント(通常ポイントのみ)10ポイントから1ポイント単位で利用できます。

山分けキャンペーンも頻繁に行われています。

楽天Edyに移行すれば、本来ならポイント利用ができない実店舗でも使うことができますよ。≫ Edy公式サイト

ご自身の生活範囲でEdyが使えるお店を探してみて下さいね

ポイントチャージ申請をした場合「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」で受け取りが必要です。

楽天ポイントカードの請求に充てる

カードの請求額をできるだけ抑えたいなら『楽天ポイントで支払い』というサービスもあります。

ポイント適用は、毎月12日頃〜20日22:00までに楽天e-NAVIで手続きが必要です。

 関連記事 ポイントで支払いの詳細

ポイント還元率を重視するなら、楽天市場での買い物は楽天カード払いがお得。

なんでお得になるのかは、次の項目でくわしくまとめています。

買い物した時にはポイントを使わずカードで決済して、請求時にポイントを使うのが賢い方法♩

ただし期間限定ポイントは利用できないので気をつけてくださいね。

楽天カード決済ならポイント2倍以上

効率よくポイントを貯めたいなら、楽天市場のお買い物は楽天カードで支払いましょう。

  • 通常のポイント倍率1倍
  • 楽天カード支払い分1倍
  • プレミアムカードかゴールドカードなら+2倍
  • 楽天カードの引落しを楽天銀行にすると+1倍

楽天市場で楽天カード払いにすると最大5倍、つまり5%もお得になります。

これが楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用した還元サービス。

他社のカードで支払ったり、ポイント払いするよりも還元ポイントが格段にちがいます。

1万円の買い物をした場合・・・

ポイント還元率が1倍だと100ポイント
楽天カード決済だと2倍なので300ポイント
引落しが楽天銀行なら+1倍で400ポイント
プレミアム・ゴールドカードは+2倍の600ポイント

工夫次第でもらえるポイントにこれだけ差がでます。

1回だけ、少額の買い物であれば大した差は感じないかもしれませんが、1年・2年と利用していれば還元総額に驚くはずですよ。

期間限定ポイントなど消化したい時は、100円未満の端数決済にあてると還元率に影響しません。

この記事でも紹介した『楽天でんき』『楽天ポイント投資』も組み合わせると+1.5倍になります。

SPUについては関連記事に詳しくまとめているので、ご覧くださいね。

 関連記事 楽天SPU最新版を解説

楽天ポイントの使い方:まとめ

そのほかにも楽天ポイントで

  • 楽天のサービス(ブックス・トラベル・デリバリー)
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • くら寿司
  • ジョーシン、ソフマップ
  • キッズランド

など、レジャー費・外食費を支払うことができます。

ちょっと家計から出すには痛いな・・・と感じるものがポイント払いできたら嬉しいですよね。

わが家は楽天市場でおむつも買うし、ふるさと納税も行います。

この2つだけでも年間に支払う金額はかなりなもの。

だから還元率はかなり重要視しています。

こはる

2人分のおむつを月に2〜3パック、ふるさと納税2〜3万なので年間10万円以上は楽天で使うんですよね

おむつを店舗で買うと微々たる値引きやクーポンのみで、重たくてかさばって大変。

楽天なら、ポイントバックや特典の組み合わせで安くなるし、玄関先まで持ってきてもらえる・・・。

とってもありがたい仕組みです。

ただし、還元されたポイントはうまく使わなければ無駄になってしまうことも。

そんなことがないように記事を見てくださった方が

こんな使い方があったんだね!これならウチの家計にも役立つかも!

と、思ってくだされば嬉しいです。

楽天ふるさと納税で実質負担金を抑える方法は、【楽天ふるさと納税】寄付の手順・ポイントバックがお得を参考にしてください。

ポイント倍率をあげて、使い道をひろげるには楽天カードの利用がおすすめですよ☺︎

年会費無料の通常カードでも、ざくざくポイントが貯まります。