持病・既往歴ありの子持ち主婦の死亡保険!加入理由と保障内容も公開

緩和型 主婦の保険 30代

 

いま病院に通っているんだけど、保険に入れないかな?
保険にはお金をかけたくないけど、万が一には備えたいな

 

通院・既往歴があって死亡保険に入れなかったわたしは、先日ようやく緩和型の死亡保険に加入しました。

子どもたちが成人するまでの備えです。

 

この記事では、わたしが加入した『掛け捨て死亡保険』の内容や金額を記録しています。

特に

  • 保険にお金をかけたくない
  • 現在病院へ通っている・持病がある方

当てはまる方には、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

わが家は担当のFPに希望条件をお話して、ムリなく支払える保険を提案してもらっていますよ。

3歳と1歳の子どもがいますが、自宅で相談・契約をするので負担がありません。

 

\ 保険の相談は自宅がラク! /
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!


 

その際に教えて頂いた『保険料の節約』していくタイミングも、この記事にまとめたので参考になればと幸いです(*^^*)

 

この記事を読んでほしい人
  • 掛け捨ての死亡保険を考えている
  • 保険にお金をかけたくない
  • 主婦の保障内容が知りたい
  • 通院・持病・既往歴がある

\ わが家の加入保険詳細はこちら /

夫婦それぞれの保険は「30代夫婦の保障内容」を。
子どもの教育費は「長男は終身保険」と「次男は学資保険」に加入しています。

保険に悩んでいる方は一例としてお読みください。

スポンサーリンク

既往歴・持病ありの主婦が加入した死亡保険

わたしが引き受け基準緩和型ひきうけきじゅんかんわがたに該当する理由は

  • 心療内科への5年以内の通院歴
  • 治療中のバセドウ病(服薬・手術等なし)

この2点です。

引き受け基準緩和型ひきうけきじゅんかんわがたとは

保険に加入できる基準がゆるく設定されている保険。
そのため、持病のある方や通院中など健康上の理由で保険加入できない人も入れるようになっています。ただし健康な人よりも保険料は高くなります。

FWD収入保障引受緩和

加入したのは『引受基準緩和型収入保障保険(無解約返戻金型・無配当)』です。

無解約返戻金型むかいやくへんれいきんがたとは、いわゆる掛け捨てのこと。

途中で解約してもお金が戻ることはないですよ、という保険です。

 

無配当とは、共済保険などに多い

保険会社
保険会社
1年に1回、配当(お金)を振りこみまーす

といったものがありません。

掛け捨てで無配当、万が一の時以外お金がもどる仕組みがないため保険料が安いです(*^^*)

加入時の条件はこちら
契約年齢女性29歳
保険期間50歳(2039年)まで
払込期間50歳(2039年)まで
保険料年払い:21,118円
死亡時月額10万円

保障内容

内容はいたってシンプル。

わたしが死亡または所定の高度障害状態に該当したとき、月10万円が2039年まで家族に支払われます。

もし、保険期間の満了5年以内(2034~2039年)に死亡した場合は、その年から5年の保証期間があります。

最低でも約600万円は万が一に用意できるということ。

もちろん掛け捨てのため、保険期間中になにごともなければ支払っておしまい。

所定の障害状態・要介護状態も保障
所定の高度障害状態だけでなく、以下の状態に該当した場合にも、年金を毎月お支払いします。

・身体障害者福祉法に基づき、1~4級いずれかの身体障害者手帳が交付されたとき
・公的介護保険制度の要介護1以上に認定されたとき

引用:FWD収入保障より

保険期間

保険期間はわたしが50歳まで。

21年間払い込み、その間が保険の対象です。

これは下の子どもが22歳、大学卒業の年になるように設定しています。

先ほど書いたように、保険満了5年以内に万が一のことがあれば、その年から5年の最低支払い期間があります

保険料

保険料は年間21,118円です。

月々にすると1,700円程度なので、保険料に対しての保障は大きいですよね。

配偶者同時災害死亡時割増特則は適用していません。

保険金額は、月5万円・月10万円の2種類から選べます。

パンフレットから一部抜粋

(条件)支払い期間:60歳・配偶者同時災害死亡時割増特則:適用

契約年齢性別月5万(単位:円)月10万円(単位:円)
32歳男性2,7125,211
女性1,7043,196
35歳男性2,9355,652
女性1,7843,350
40歳男性3,2226,216
女性1,9073,588
45歳男性3,1896,136
女性1,9983,754

この保険は引受緩和型なので、健康上の理由がクリアになれば解約してほかの保険にうつることも考えています(*^^*)

 

\ 保険の相談は自宅がラク! /
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!


掛け捨て保険にした理由

わたしが通常の保険に入れる可能性があるのは、2020年からです。

現在、夫がはいっているような貯蓄型保険はだいぶ割高になってしまいます。

緩和型で加入しても、切替時の解約を考えるともったいないですよね。

 

それまで無保険でいるのも心もとない・・・。

また、持病もあるため今後、緩和型にすらひっかかる可能性がないとも言い切れません。

こはる
こはる
もし、ほかの病気になったり、悪化して入院や手術をすすめられたら・・・

こんな不安を抱えて過ごすよりも、家計の負担にならない程度で子どもが小さい間の安心代とわりきれます。

 

保険料を安くするには

  • 県民共済・コープ共済
  • 貯蓄型でなく、掛け捨てにする
  • よけいなオプションをつけない

などでクリアできます。

 

専業主婦なのに保障っているかな?

そう思う方もいるかもしれません。

ぜひ「専業主婦の死亡保障はどう考える?実は大黒柱の万が一よりリスクが高い!?」の記事を読んでみてくださいね。

 

わが家と同じような

  • 会社員の夫
  • 専業主婦の妻
  • 小さい子供がいる

という家庭こそ、主婦への保障をよくよく考えてほしいです。

月10万円あれば保育料や家賃の足しにはなりますよね!

専業主婦の保険 主婦の保障
専業主婦の死亡保障はどう考える?実は大黒柱の万が一よりリスクが高い!? 家族を持つ方は、万が一に備えて医療保険・生命保険などに加入されていますよね。 保険加入については賛否両論あ...

保険料を節約するタイミング

保険料は、ながい人生で山型になるのが理想だといわれています。

子どもの教育費が必要な時期に、1番保障が手厚くなります。

 

逆に、子育てがひと段落したら保障は削っていきましょう。

  • 高校を卒業して就職するとき
  • 大学の卒業時期

この時期を「節約のタイミング」だと考えて、保険の契約期間・保障内容を見直します。

 

これまで『子どもの教育費と残された家族の生活のため』が目的だった保険が、『自分たちのため』に変わるときです。

 

もっと言えば

  • 独身である
  • 子どもがいない
  • 共働き
  • 健康体

という方は保険は最低限の保障にして、貯金や資産運用にまわすことをおすすめします。

人生の節目・転機ごとに保険と向きあいましょう(*^^*)

 

\ 家から出るのがおっくうな方も /
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!


-スポンサーリンク-

まとめ

わたしのように持病があったり、通院から数年のあいだは加入したいときに保険に入ることができません。

はいれたとしても『引受け緩和型』というカタチで、通常より保険料が高くなることもあります。

毎年、健康診断もひっかからないし大丈夫!

と、思っている方も多いと思います。

 

あなたに守らなきゃいけない家族はいますか?

健康で過ごせることは当たり前ではありません。

なにかあってからでは保険へ加入するハードルは高くなります。

かわりになる貯金があれば良いかもしれませんが、このブログを読んでいるのなら医療費用の貯蓄がある家庭は少ないはずです。

 

もちろん保険料貧乏になっては元も子もないので、たくさんの保険に入ることを勧めてはいません。

 

わたしは

  • 家族のガン闘病で金銭面が大変だったこと
  • 国の制度ではまかないきれなかったこと
  • 葬儀費用が追い打ちをかけるように高かったこと
  • 自分自身、保険に入れず困ったこと

といった経験があります。

わが家の加入しているもの・考えを一例として、万が一のときに家族のくらしをカバーできるシミュレーションをしてほしいと思っています。

 

\ 保険の相談は自宅がラク! /
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

\ わが家の加入保険詳細はこちら /

夫婦それぞれの保険は「30代夫婦の保障内容」を。
子どもの教育費は「長男は終身保険」と「次男は学資保険」に加入しています。

保険に悩んでいる方は一例としてお読みください。