4人家族の保険料と保障内容を全公開!

節約や貯金の「目的」を明確にしたい理由!わが家の意識の変化。

 

貯金や節約は何のためにしていますか?

こはる
こはる
今年の年間貯蓄目標は150万円、こはる(@koharuolife)です

 

  • とりあえず節約して貯金があれば良いかな、と思っている。
  • 将来に対して漠然とした不安が解消できるから。

という方も「目標用途と目標金額」をつけてみませんか(*‘ω‘ *)?

 

わが家の大きな目標は4つ。

  1. 住宅ローン頭金と諸費用
  2. 教育資金
  3. 老後資金
  4. 生活防衛費

そして暮らしに+αするための「目的別貯金」があります。

 

貯金に目的をもつことのメリットを、わが家の現状と併せてお伝えします(*‘∀‘)

この記事を読んでほしい人

・貯金をしていない
・家計管理に疲れることがある
・漠然とした不安がある
・隣の家計の貯金について知りたい

ネットだから知れる「よその家計」
どれくらいの貯金をしていて、何を目標にして頑張っているか覗いてみませんか?

 

スポンサーリンク

貯金に目標をつくる理由は?

貯金をするうえで目標を決めるメリットは

  1. 不安がなくなること
  2. 家計管理するモチベーションが維持できること

この2つです。

 

①不安がなくなる

貯金があれば不測の事態に対応でき、なにを行うにしても最大の安心材料になります。
不安をなくすためには貯金「額」の設定をしておきたいですよね。

家計のイレギュラーに対応できるお金を、まずは「生活防衛費」として金額を定めて貯めることをオススメします。

生活防衛費の積立方法
生活防衛費を貯める理由とメリット|4人家族なら、いくら必要?専業主婦のわたしと、小さい子供が2人いるわが家は、夫の収入で生活しています。 その夫に、今日!何かあった場合・・・生活は一瞬で変わ...

 

②家計管理へのモチベーションが維持できること

家計管理をしていると、思わぬ出費にやる気が無くなったり、ときどき孤独を感じたり…モチベーションが下がる時はありませんか?

私はあります!笑

そんな時に気持ちをあげてくれるのが、貯金「用途」です。

 

きっとその用途は、家族やあなたの夢ですよね(*´ω`*)

  • 車購入まで
  • ローン返済終了まで
  • 教育資金の目標額まで
  • 海外へ旅行するために・・など

 

貯金を一括でまとめておくよりも、用途ごとに分けておくことで夢を達成するまでのビジョンが見えてきます。

貯金の金額も大事ですが、家計を預かる方はこちらをまず決めてみて下さい。

ちょっと壁にぶつかった時モチベーションを復活させてくれるはずです。

パートナーと共有する際のメリット

わが家は「夫と家計を共有する」ことを家計管理での目標にしています。

お金に無頓着な夫でも

・収入/支出を把握する
・貯金を把握する

これが分かりやすいよう、オリジナル家計簿をつくって記録しています。

・オリジナル家計簿の目的
・項目の内訳
夫婦共有の仕方

これらの詳細は下記記事に(*‘ω‘ *)

【貯まる家計簿】夫に見える化で共有!オリジナル家計簿を勧める理由ついつい1人で頑張ってしまいがちな家計管理。 わが家の場合、同棲当初から「管理はよろしく!」とたくされました。 節約・やりく...

 

貯金は家計簿に記入して、口頭でも定期的に伝えています。
が、金額を総まとめしてしまうと

はるお
はるお
めっちゃお金あるやん!すごい!

 

お金に無頓着な夫は、たくさん貯えがあると大変な勘違いをします。
すごいと言ってもらえるのは嬉しいですが
用途をハッキリさせ、目的別にしておかないと

 

はるお
はるお
これだけあったら、○○買える(できる)やん!

 

と、恐ろしいことを言い出すので、我が家はすべて貯金は『何のためのお金か』を決め、夫にもそれが分かるようにしています。

 

こはる家の貯金を例にしてみると、昨年末時点での貯金額はこのようになっています。(個人の資産は各々で把握)

全て1つにまとめてしまうと「たくさんお金がある」ようにも見えますが

・年払いで使う積立
・子供の貯金
・妻個人

と分ければ夫婦の貯金は「75万」しかないと分かってくれました。

 

さらにこの貯金の各用途をハッキリとさせると、現在こうなっています。

・夫婦貯金は「75万」あるけど、実際はローン頭金として早く貯めたいお金=自由に使えない!

・積立は「年払い」に対応するためなので必ず出ていくお金=自由に使えない!

・子供貯金は「教育費」に充てるものなので=自由に使えない!

 

はるお
はるお
たくさんあると思ったのに「実際は使えないお金」ばっかりだった!

 

と納得してくれたので、我が家では用途を明確にさせるのがお互いに気持ちよく貯められる方法だと実感しました。

 

使えない貯金ばかりはしんどいので、月々のお楽しみやレジャー費は「交際費」と「お小遣い」で対応しています。

4人家族の年間予算はいくら?年収400万円の平均生活費と内訳を公開会社員の夫と専業主婦のわたし。子どもは2歳・0歳の男の子が2人。年収400万円で4人暮らすわがやの家計年間予算とその内訳を公開しています。どんな方法で予算をたてているのか、すべて紹介!...

 

レジャー費は予算より使わなかった月のものを「お楽しみプール金」として確保しておくと、連休など普段より費用が嵩んでしまった時に心の余裕になりますよ♪

 

連休になるとレジャー費が高くなってツライ…という方は、今決まっている月の予算が「余ればよける」軽い気持ちでお楽しみ費をつくってみて下さい。

 

-スポンサーリンク-

まとめ|目標到達までを早くする

分けても分けなくても同じお金・貯金ですが、目標「金額」と「用途」をきちんと作ることで

  1. それぞれ貯めておきたい金額が分かる
  2. モチベーションの維持/アップ
  3. お互い「貯金」への思い違いがなくなる

 

この3つが合わされば、何気なく貯めていくよりも、目標への到達が少し早くなりそうじゃないですか(*‘∀‘)?

 

実際にわが家では…

 

用途を明確にした「積立」を、純貯金だと勘違いすることがなくなり、大きな金額が出ていくときに気持ちに余裕があります。(出費に変わりはないので寂しくなりますが)

 

子供貯金に関しては「金額」を決めることで、教育費の貯金ペース目標が細かくみえました。

教育費という大きすぎる金額に、夫はプレッシャーだったそうですが道筋をたてたことで漠然とした不安はぬぐえたそうです(笑)

貯め方については「児童手当のキホン!教育費500万×2人分の道のり」をご覧ください。

 

たまに少し孤独になる節約や貯金を頑張りつづけるには目標と共有が大切ではないかと思います(*‘ω‘ *)

 

パートナーと共有できないよ・・・という方は、わたし含めたくさんの方が目標や節約方法をシェアするネットが味方です!孤独じゃないよ♪

 

固定費の節約一覧

固定費など大きな金額をおさえることができる節約方法です。手をつけていない方は優先的にチャレンジしてみて下さいね。

  1. 格安スマホへ乗り換え
    詳細「1年間、格安スマホを使ったら10万円も節約できた
  2. プロバイダーの変更
    詳細「通信費は節約できる時代!ポケットWi-Fiを2年使った感想
  3. 電力会社の切り替え
    詳細「Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約
  4. ふるさと納税
    詳細「楽天ふるさと納税を解説!実質負担金2,000円を抑える方法
  5. 保険の見直し
    詳細「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由
  6. 自動車保険の見直し
    詳細「自動車保険が高い!安くする方法は?節約した保険料と補償内容を公開
  7. ポイ活
    詳細「ポイントサイトの仕組み・登録基準をわかりやすく解説