4人家族の保険料と保障内容を全公開!

生活費って何を指すの?家計管理の費目・内訳の基準を紹介します

生活費ってなに 家計管理

 

家計管理をしていると必ずでてくる単語「生活費」。

この「生活費」ってそもそも何を指すんだろう・・・

そう思ったことはありませんか?

 

特に家計管理を始めたばかりだったり、やり方が確立できていないと

  • 夫の仕事につかう出費は何費?
  • 交際費ってどこからどこまで?
  • こども費と教育費のちがいは?

迷うこともあるのではないでしょうか。

 

はっきり言ってしまうと、生活費や費目の内訳は人によります。

 

ただ、まったく分からない状態からスタートするのと

  • 生活費にはどんな費目があるのか
  • 似た家庭がどうやって分類しているのか
  • どういった考え方があるのか

これらを知っていて管理を始めるのでは、自分の管理方法に迷いが減るのも事実です。

 

この記事では、わたしが実際に分けている「生活費」の考え方を紹介します。

合わせて一般的な「生活費」もまとめたので、家計管理に「費目」について悩んでいる方の参考になれば嬉しいです(*^^*)

この記事でわかること
  • わが家の「生活費」について
  • 固定費・変動費のちがいとは
  • 特別費の考えかた
  • 一般的に多い「生活費」とは

\ 家計管理のまとめ記事 /

やりくり・家計管理の方法についてまとめた記事は「貯金を成功させるための家計管理術」を。

家計簿など支出に関することは「【年収400万円】4人家族の家計|収入・支出・節約に関するまとめ記事」をご覧ください。

スポンサーリンク

生活費とは?

いわゆる生活費とは、暮らしてくために必要なお金のことです。

ただ人によって「なにを生活費と指すのか」は違ってきます。

たとえば・・・

  • 暮らしていくのに必要な支出すべて
  • 固定費を除いた支出が生活費
  • 夫(個人的なもの)にかかるものを除いた分
  • 自分がやりくりしている分が生活費

パッと思いつくだけでも、これだけ考え方があります。

 

はるお
はるお
コレといった定義はないんだね

 

何を「生活費の定義とするか」は家計管理をするあなたと家族が決めればいいんです(*^^*)

わが家は「生活費25万円の内訳と固定費節約方法!4人家族の家計簿」とも書いているように、暮らしていくうえでの支出すべてを生活費としています。

生活費と先取り貯金
生活費25万円の内訳と固定費節約方法!4人家族の家計簿【2018年4月】会社員の夫・専業主婦のわたし・2歳と0歳の子どもがいる家庭の生活費はいくら?子ども費ってどれくらい?貯金ってできてるのかな・・この記事に4月の収支・やりくり方法をまとめました。...

 

きっとこの記事を読んでいるあなたは「生活費」について

生活費5万円でやりくりしてます!
お給料20万円で生活費が足りません・・・

といったブログ・SNSを目にしたことがあると思います。

 

前者はやりくりする費目を生活費としていて、後者は暮らしていくお金ひっくるめて生活費をよんでいると考えられますよね。

一般的に生活費とされるもの

ここでは「暮らしていくのに必要な支出」すべてを挙げていきますね。

一般的に生活費と考えられる項目は以下のとおりです。

固定費

固定費は、月・年単位で金額が変わらない(固定されている)ものが振り分けられます。

例えば以下の項目が「固定費」にあたりますね。

家賃・住宅ローンNHK
固定資産税新聞
駐車場お小遣い
保険教育費
プロバイダー・Wi-Fi習いごと

基本的に毎月、ずっと同じ支払いであるものだと考えてください。

変動費

変動費とは、季節ややりくりによって支払額が変わる(変動する)ものが分けられます。

電気食費
ガス被服費
水道交際費
スマホ・携帯レジャー費
ガソリン雑費

この変動費、または一部を「生活(やりくり)費」としている人も多いですね。

特別費

特別費は、上記の固定費・変動費にふくまれない、時々ある特別な支払いを指すことが多いです。

車維持費習いごと・部活動の特別徴収
任意保険冠婚葬祭
医療費記念日・誕生日
家電・家具の買い替え年払いにしているもの

毎月の支払いには費目がでてこない支出ですが、1回で必要になる金額が大きいのも特徴。

 

この項目を把握できていないと

毎月のやりくりは上手くいくのに貯金ができない

という事態におちいってしまいます。

 

理由と解決策は「年間特別費を把握して家計改善!内訳・積立方法をすべて公開」の記事にまとめているので、ご覧くださいね。

4人家族の生活費|費目と内訳

では、4人家族のわが家は

  • どんなものが生活費で
  • その内訳に何を含んでいるのか
  • どこからどこまでを費目の定義にしているのか

これらを一例として紹介します(*^^*)

1月の家計簿から支出項目を抜き出しています。

年収400万円 家計簿
年収400万円!4人家族の生活費と先取り貯金【2018年1月】会社員の夫・専業主婦のわたし・2歳と0歳の子どもがいる4人家族。どの費用にどれだけかかり、いくら貯金をしているのか気になりませんか?この記事では1月の収支すべてをまとめています。...

固定費

わが家の「固定費」は、ほとんど保険ですね。

子どもが小さいこともあり、ほかの項目はあまり多くありません。

新聞は読まないため取っておらず、NHKは年払いのため特別費に入っています。

家賃駐車場代をふくむ
Wi-Fiオプションはすべて外して毎月同額
スマホ電話代がかからない限り、ほぼ同額
お小遣い(夫)基本固定+残業が多ければ上のせ
生命保険(夫)月払い
医療保険(夫)年払いを月換算して積み立て
変額保険(夫)
ガン保険(夫)
医療保険(妻)
学資保険(子)月払い

保険だけは年払いでも特別費にせず、まとめて月々管理。

金額の高い子ども教育費用の2種類だけ月払いにし、ほかは毎月積み立てしています。

変動費

光熱費は固定費にする家庭もありますが、うちは季節によって差が激しいので変動にしています。

準固定費という位置づけにする方もいらっしゃいました。

電気
ガス
水道2か月に1度の請求
ガソリン仕事もプライベートもとりあえず一緒
食費おやつ・お酒すべて含む
雑費消耗品すべて
子ども費こどもに関する支出すべて
交際費おつき合い・家族の外食も交際費に

子どもが就園・就学し「教育費」がかかるようになれば

  • プライベートは「子ども費」
  • 学校に関わるものは「教育費」

と、長男・次男にわけて費目をつくる予定です。

 

わが家はおつき合いの程度がまだ少ないので、家族の外食から義実家への贈りものなどすべて「交際費」にまとめています。

こはる
こはる
会社関係・親族の多いかたは、交際費も分ける方がいいですね

特別費

特別費は毎月かからないもの以外に、どれほどかかるか予算がわからないものも含んでいます。

うちで例えると、夫の通勤ETC代・医療費がそれにあたります。

ETC(通勤)通勤につかったETC費
医療費
税金車税や市民税など
通販ネットショッピングのクレカ払い
冠婚葬祭交際費1件あたり5千円を超えればこちらに計上

冠婚葬祭に関しては、交際費で1件5,000円を超えれば「特別費」としています。

超えた分は特別のリストにも記入をわすれません(‘◇’)ゞ

年間特別費 積立方法
年間特別費を把握して家計改善!内訳・積立方法をすべて公開月々の生活費はうまく抑えられているはずなのに・・・ こんな風に悩んだことはありませんか? その原因は、毎月の支出では...

生活費の内訳をわけるポイント

わたしの生活費目の分類は、ザックリとできるだけ費目を少なくするのがポイントです。

この理由は細かくしすぎると

  • 性格上めんどくさくなること
  • 分けた項目がバラバラになってしまうこと

ズボラな性格に合わせた結果です( ;∀;)

 

もちろん細かく分けた方が合う方もいます。

それこそ「生活費目は、家計管理する人の性格による」とも言えますね。

 

1回でドンピシャな費目分けはできません。

積み重ねていくうちに必要な項目・いらない項目が分かります。

また、環境・世帯構成がかわれば今までになかった費目もでてくるでしょう(*^^*)

 

ネットで他の家計をみるときは

こんな支出・費目、分け方があるんだな

と、参考程度に。

 

「似た家族構成なのに生活費がまったく違う」

「うちは〇〇費にこんなにかかるのに・・・」

なんて、焦ったりしなくて大丈夫!ちがって当たり前ですからね。

生活費を節約できるポイント

こうやって暮らしていくうえで支払う費目をみると、何か気づきませんか?

毎月、毎年、一定額を支払う「固定費・光熱費」の金額の高さ!

つまり・・・大きな節約ポイントはここにあります。

節約できる生活費をチェック

節約チェック項目
住居費家賃は高すぎないか、住宅ローンの金利について調べよう
新聞おつき合いでとっているなら考えよう
スマホむだなオプションは無いか・格安スマホも検討しよう
プロバイダー本当にそのネット環境は必要なものか?
保険加入している保険は保障過剰ではないか
電気代電力自由化を利用しよう
ガス代プロパンガスならガス会社次第で料金が安くなる
食費安物買いの銭失いをしていないか
支払い方法年払いにすると安くなるものを月額で払ってないか

この費用さえ抑えてしまえば、自動的に支出が減り、節約・貯金につながります

 

切り替えまでは腰が重いし、めんどうかもしれません。

でも1度やってしまえば、そのあとずっと勝手に安くなるんです。

高いお金を払い続けるのか・少しだけ頑張って支出を抑えるか・・・。

実際やってみると、思っているほど手間もかからなかったりするんですよ(*^^*)

節約方法の記事一覧

固定費の節約一覧
  1. 格安スマホへ乗り換え
    詳細「1年間、格安スマホを使ったら10万円も節約できた
  2. プロバイダーの変更
    詳細「通信費は節約できる時代!ポケットWi-Fiを2年使った感想
  3. 電力会社の切り替え
    詳細「Looopでんきに切り替えただけで年間1万円、ラクに節約
  4. ふるさと納税
    詳細「楽天ふるさと納税を解説!実質負担金2,000円を抑える方法
  5. 保険の見直し
    詳細「30代夫婦の保険料と保障内容。加入までの流れと理由
  6. 自動車保険の見直し
    詳細「自動車保険が高い!安くする方法は?節約した保険料と補償内容を公開

 

また、保険やNHKなど月々支払っているものも、年払いができ支払総額が安くなるのなら切り替えましょう。

 

食費の節約ルールは「4人家族の1年間の食費と節約方法」をお読みくださいね。

お酒をよく飲む家庭なら、嗜好品(ビール・チューハイなど)は別費目にしておくと「食費」やりくりのモチベーションが保てますよ。

食費節約
4人家族の1年間の食費と節約方法を公開!食品ロスに気をつけた結果節約しようと考えると、真っ先に工夫をするのが「食費」ではないですか? 平成30年7月の「家計調査報告書」の食費項目は世帯2人以上の...
-スポンサーリンク-

まとめ

わたしの中で生活費は「暮らすためのお金」です。

居住費も、保険も、医療費もすべてひっくるめています。

 

生活費のなかに、固定費・変動費・特別費と特徴のある3種類の支出があります。

 

わたしの裁量で変動するのは「やりくり費」です。

変動費のなかにある、食費・子ども費・雑費・交際費の4項目をそう呼んでいます。

 

ただ、この記事中でも書いたように、家庭によってこれらは違うのでネットで他の家計をみるときは参考程度に。

 

比べて焦ったりしなくて大丈夫です!

家族構成が一緒でも、食べる量がちがいます。

お酒を飲む家庭・飲まない家庭でも大きな差があります。

地域によって居住費の相場がちがえば、車の必要性もちがいます。

同じ4人家族でも、思春期のお子さんと乳幼児ではまったく別です。

差があって、ちがって当たり前です。

 

こはる
こはる
それぞれ良いところを取り入れて、昨年より改善していればOKと考えましょう

 

やりくり・家計管理の方法について「貯金を成功させるための家計管理術」にまとめました。

貯金する 家計管理
貯金を成功させるための家計管理術|まとめ記事家計管理に関する記事をまとめました。 節約する理由ってなんですか?貯金をしたい目的を明確にしていますか? 家庭にあった貯金するための道のりをつくりましょう!...

家計簿など支出に関することは「【年収400万円】4人家族の家計|収入・支出・節約に関するまとめ記事」をご覧ください。

年収400万円 家計簿 生活費
【年収400万円】4人家族の家計|収入・支出・節約に関するまとめ記事 気になるけど聞けない、よその家計事情。 ネットだからこそ赤裸々にかけるし、見ることができま...