【LINEpay】春の超Payトク祭はカードも対象!損せず20%還元になる詳細を解説

LINEPay 20%還元 キャンペーン

 

スマホ型キャッシュレス『LINEpay』でキャンペーンが始まりました。

なんと、お買い物した額の20%が還元される嬉しい内容!

これを機にLINEpayに興味がでた方も多くいるのではないでしょうか。

ただ、キャンペーンの内容はよく読まないと損してしまうこともあります。

この記事では、2019年3月15日からはじまった「春の超Payトク祭」の詳細と、LINEpayについてまとめました。

  • 損せずお買い物する方法
  • 10月から始まるキャッシュレス施策
  • はじめてLINEpayをつかう方

お得なチャージ方法・キャンペーンの組み合わせを知りたい方は、ぜひご覧くださいね。

\ 1枚クレカがあると便利 /

詳細ページへエポスカード


LINEpay「春の超Payトク祭」詳細

春の超Payトク祭 LINEPay

今回のキャンペーンは、LINEPayが使えるお店で決済すると後日20%分の残高が還元されるもの。

還元される上限は5,000円分。

つまり、25,000円までが最大にお得できる金額です。

キャンペーン期間2019年3月15日~3月31日
キャンペーン特典・お買い物20%還元
・もらえるくじ
還元上限5,000円分まで(1人1アカウント)
支払いできる店舗・LINEPay加盟店
・JCB加盟店
・クイックペイ加盟店
支払い方法・LINEコード支払い
・請求書支払い
・オンライン支払い
・LINEPayカード
・クイックペイ(Android限定)
20%還元対象外商品ありタバコ・酒・切手・金券・チケット・処方箋薬品・保険診療・介護施設・動物病院・神社仏閣・役所・海外の店舗・月額制サービス・税金の請求書支払いなど。
その他当社が対象外とした加盟店や一部商品および決済

 

いままでにもLINEPayでは、20%還元キャンペーンを行っているのですが、今回いつもと違うのは『LINEカード』も対象になったことです。

お申込みからカードの発行まで、2週間かかります。バーチャルカードならその場ですぐに発行ができ、そのままオンラインショッピングが可能です。

 

LINEカードは、JCBのプリペイドカードになるので全国のJCB加盟店で利用できます。

普段利用しているスーパー・薬局・ホーム―センター・・・

スマホ決済が対応していないお店でも『JCB加盟店』なら、このキャンペーンが利用できるということ。

わたしの普段のお買い物で例えると

お買い物がイオン派のわたしは、キャンペーンの間「LINEカード」で支払えば、25,000円までは20%還元されるんです(*^^*)

とってもお得ですよね!

ただし、ガソリンスタンドなど一部利用できないお店があるので注意しましょう。

クレカとプリペイド式カードの違いは「クレカの利便性とおすすめカード」を参考にしてくださいね。




 

スマホ決済が普及しているといえども

  • LINEコード支払い:約52,000か所
  • 請求書支払い:約47か所
  • オンライン支払い:15か所
  • LINEPayカード:約3,300万店舗
  • クイックペイ:約81万店

だんとつでLINEPayカードがつかえる『JCB加盟店』、クイックペイの利用できるお店が多いことがわかります。

なので、今回の20%還元キャンペーンは、今まで参加を見送った方も注目の内容なんです(*^^*)

支払い方法の種類は「LINEPayでできる決済方法」の項目で確認できます。

 

\ 超トク20%還元キャンペーン /
詳細ページへ

同時開催!もらえるくじ

春の超Payトク祭 LINEPay

20%還元キャンペーンと同時に「もらえるくじ」も行われています。

これはLINEPayで100円(税込)以上の支払いをすると自動的に引けるようになるくじ。

10~2,000円分のLINEPay残高があたります。

20%還元なうえ、運が良ければ2,000円分あたると考えると嬉しいですね!

当選したくじの対象決済をキャンセル・返品した場合、当選残高は回収されます

Twitterシェアキャンペーン

もらえるくじの結果画面をTwitterにシェアすると、抽選で200名にLINE Pay残高5,000円分があたるWチャンス。

アカウントをお持ちの方はシェアして参加しましょう。

あたり・はずれ関係なくWチャンスの対象です。

 

\ もらえるくじの詳細 /
詳細ページへ




そもそもLINEpayとは

 

LINE Payは、LINEが提供するスマホ決済サービス。

基本的に事前にチャージしたお金で決済する「プリペイド式クレジットカード」です。

今回のキャンペーン対象加盟店での支払いのほかにも、友だちへの送金・割り勘も簡単にできます。

こはる
こはる
わたしも友達間で割り勘にLINEPayを利用しています。

これがすごく便利で、小銭いらず・受け渡しの間違いなし!

履歴も残るので「あれ?あの時の代金受け取ったかな・・・?」そんな心配もなくなります。

また、決済・送金・受取時にリアルタイムで通知がとどくので、お金の流れもしっかりと把握できますよ。

入会費・年会費は無料

スマホでLINEを利用していれば、LINEPayをつかうことができます。

クレジットカードのような審査はいりません。

もちろん、年会費・入会費無料です。

補償サポートがある

こういった電子決済をつかうえで心配なのが、不正利用や架空請求。

LINE Payでは『利用者補償制度』を導入していて、不正により発生した損害はLINE Pay社がカバー(原則10万円)します。

損害発生時から31日以内に申告のあった、全ての送金・決済・出金が対象です。

LINEで質問OK「ヘルプ機能」

規約や、操作上わからないことはLINEトークの「ヘルプ機能」で質問ができます。

ある程度のことは、ヘルプ機能で解決するのでLINEのお友達に追加しておきましょう。

普段つかっているLINE上で問い合わせができるのも手軽ですね。

 

\ 友達追加する /
LINEPay問い合わせ




LINEPayでできる決済方法

LINEPayの決済方法は5つあります。

それぞれの特徴と、決済方法を消化しますね。

LINEコード支払い

LINE Pay加盟店で、スマホ画面を見せるだけで支払いできる方法。

コード支払いには2通りあります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、お得なキャンペーンも多い決済方法なので覚えておいて損はないです。

>>コード支払い加盟店を確認する

例えば・・・

ローソン・ビックカメラ・コジマ・松屋・LOFT・ツルハドラッグ・和民など

 

自分のQRコードを読み取ってもらう方法

こちらがスタンダードな【コード支払い】です。

決済時に、自分のLINEPay QRコードを読み取ってもらいます。

LINEPay コード支払い QRコード

やってみると簡単で

  1. LINEのウォレットをタップして【コード支払い】を選択
  2. パスワード(またはFace ID、Touch ID)を入力
  3. 表示された画面をレジで読み取ってもらう

完了した決済は履歴で確認できます。

悪用防止のため、コード支払い画面は5分間が有効となっています。

 

店側に提示されたコードを読み取る方法

商品・レジ周辺に掲示されているQRコード(バーコード)を読み取ります。

LINEPay コード支払い QRコード

コード支払いとほとんど変わらなくて

  1. LINEのウォレットをタップして【コードリーダー】を選択
  2. 指定された画面を読み取る
  3. 支払い内容を確認して、決済完了

完了した決済は履歴で確認できます。

請求書支払い

公共料金・通販などの請求書に記載されているバーコードを、LINE Payのコードリーダーで読み込んで支払う方法です。

>>請求書支払いができるものを確認する

例えば・・・

九州電力株式会社・マキアレイベル・アテニア・
SBI生命保険株式会社・NP後払いなど

請求書支払いは

  • 請求書の支払いに行く時間がない
  • 財布に支払額分の現金がない

というときに便利で、ありがたいですね。

LINEPay 請求書支払い

LINEウォレットタブを開く操作は一緒です。

  1. 【請求書支払い】を選択
  2. 案内を読みおわるとバーコードリーダーが起動する
  3. 請求書のバーコードを読み取って内容を確認
  4. 支払いを行う
  5. パスワードを入力して決済完了

支払いが終わるとLINEアプリに通知がとどきます。

1度利用しましたが、本当に便利!!

もっといろんな企業が導入してくれたらいいのにと思っています・・・(笑)

オンライン支払い

オンライン支払いに対応している、ネット通販で利用できます。

>>加盟店を確認する

例えば・・・

ZOZOTOWN・新ラクマ・SHOPLIST.com・出前館など

オンライン支払いは

  • いま買いたいのに手元にクレジットカードがない
  • クレジットカードの入力がめんどくさい
  • クレカは後日請求されるのがいやだ
  • 代引きや口座振込は手数料が掛かってしまう

といった、ネットショップでクレジットカード・代引きや口座振替を利用する際の不便さをカバーしてくれる支払い方法です。

 

LINEPay オンライン支払い

支払い方法も簡単で

  1. 加盟店での決済時に【LINEPay】を選択する
  2. LINE Payがひらき、表示された支払い方法を選択し【決済】をタップ
  3. LINE Payパスワードを入力したら完了!

3ステップ、スマホだけで支払いできます。

LINEPayカード

LINEのプリペイド式カード『LINE Pay カード』は、全国のJCB加盟店で利用可能。

あらかじめカードにチャージした分だけ支払いにあてることができます。

審査はありませんが、発行には2週間ほどかかります。

LINE Payカードの発行方法

申し込みはLINEアプリを使っている方なら誰でもOK

  1. LINEウォレットタブの残高をタップ
  2. 設定をひらいて【LINE Pay カード】を選択
  3. 【プラスチックカード】からカードデザインを選ぶ
  4. 利用者・お届け先情報を入力して申請
  5. カードが届いたら『利用登録』をする

決済方法はクレジットカードと同じように「JCBで」と伝えるだけ。

もちろんネットショッピングもできます♪

プリペイド式カードなので一括払いのみ、ガソリンスタンドなど一部店舗では使えません。

クイックペイ

クイックペイ加盟店で、Android端末を利用している人だけつかえる決済方法です。

>>加盟店を確認する

例えば・・・

東京ディズニーランド。ディズニーシー・セブンイレブン・イオン・キリン堂など

クイックペイを利用するには

  1. Google Pay
  2. おサイフケータイ

事前準備として、2つのアプリをダウンロード・利用登録が必要です。

LINEPayでの登録方法

アプリの登録ができたら

  1. LINEウォレットタブの残高をタップ
  2. 【QuickPay】を選択
  3. バーチャルカードを発行(LINEPayカードをもっていれば不要)
  4. 【GooglePayに登録】から、LINE Payをメインカードに登録する

支払い方法は、通常のQuickPayと同じで「クイックペイで」と伝えてください。

決済端末にスマホをかざせばOKです。

LINE Pay カードを登録できるのは、Google Pay™に対応しているAndroid端末のみです。




LINEpay銀行チャージキャンペーン

LINEPay 銀行チャージ キャンペーン

LINEPay決済を使うためにチャージする方法のひとつ、銀行チャージが初めての方はキャンペーン中がお得です。

はじめての銀行チャージで1,000円以上すると、500円分の残高が付与されます。

キャンペーン期間2019年3月1日~3月31日
対象者はじめて銀行チャージする方
キャンペーン特典1,000円以上のチャージで500円分の残高
残高付与時期2019年4月20日~4月30日

残高が付与されるときに、連携を解除していたり、LINEPayアカウントを解約している場合対象外になります。

銀行チャージのやり方

LINEPay 銀行チャージ

銀行を選択したあとは、各銀行の設定によるので案内に従って操作をしてください。

 

\ はじめての銀行チャージ /
詳細ページ

まとめ

便利なキャッシュレス決済は、お金を払っている感覚が薄れてしまうことがデメリットです。

LINEPayはチャージ式(前払い)ですが、数タップで銀行から資金移動できてしまう怖さもあります。

便利でお得な反面、使い方には気をつけたいですね。

現金で支払った時と同じように記録・袋分けをすると、お金の流れを見失わずにすみますよ。

LINEPayは定期的にキャンペーンが行われています。

この機会に使い方マスターして、うまく利用しましょう!