駆け込み初心者向け【ふるさと納税】寄付手順からワンストップ制度のやり方総まとめ

ふるさと納税 駆け込み 初心者

 

今年こそ「ふるさと納税」に挑戦したいなぁ

と、思っている方にむけて当サイトの「ふるさと納税」に関するページをまとめました。

ふるさと納税の仕組みから、ワンストップ制度のやり方・控除されているか確認する方法、すべてを記載しているので気になる記事をご覧ください。

 

ちなみに、2019年の「ふるさと納税」は12月末までに寄付が完了すれば大丈夫です。

カード決済やコンビニ支払い・振込なども年内であること

今年行った寄付のワンストップ特例制度(確定申告がいらない制度)を利用する方は、2020年1月10日までに書類が自治体へとどく必要があります。

この記事があなたのキッカケになれば嬉しいです。

 

\ 返礼品の充実さは「さとふる」 /
ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税をする4ステップ

まずは

  • どんな仕組みなのか
  • どれくらい寄付できるのか
  • どうやって寄付をするのか
  • 寄付した分を控除するには・・・

基本的なふるさと納税の寄付方法についてお伝えします。

ステップ1:ふるさと納税とは

まず、ふるさと納税がどんな制度なのかを理解しましょう!

  • ふるさと納税が気になっている
  • 本当にお得なのか、よくわからない
  • ふるさと納税ができるのは誰か知りたい

ステップ1は「どんな制度?仕組みを理解してお得に納税」をチェック。

ふるさと納税の仕組み
簡単にできる『ふるさと納税』お得な理由や仕組みをわかりやすく解説ふるさと納税とは住んでいる地域に納める税金を、地方へ寄付することで返礼品(お礼)がもらえる制度。自己負担金って何?どんな仕組み?疑問に分かりやすくお伝えします。...

ステップ2:寄付の上限額を知ろう

ふるさと納税をするためには『お得になる金額の上限』を知ることが大事です。

  • シミュレーションの仕方
  • もっとも詳しく上限が分かるサイト
  • 参考としてわが家のシミュレーション例

ステップ2は「寄附できる上限は?シミュレーションを比較」をお読みください。

上限額 シミュレーション
【ふるさと納税】年収400万円の控除上限額シミュレーションを比較 ふるさと納税を行うためには「控除額の上限」を知ることがとっても大切。 控除上限額内におさめると、実質負担金2,000円のみ...

ステップ3:実際に寄付をする

実際の寄付手順を「楽天市場」で画像つき解説しています。

  • 楽天市場でのふるさと納税のしかた
  • 実質負担金2,000円を少なくする方法
  • 楽天市場の寄付がお得な理由

ステップ3は「楽天ふるさと納税を詳しく解説!」を参考にしてください。

実質負担金を抑える方法
楽天ふるさと納税のやり方。ポイントバックで実質負担金2,000円が抑えられる とってもお得な「ふるさと納税」は、翌年に納める税金をほかの自治体へ先に寄付することでお礼として特産品がもらえる制度です。 ...

ステップ4:ワンストップ特例制度の詳細

確定申告が不要な方は「ワンストップ特例制度」が利用できます。

ふるさと納税が身近になったキッカケの制度ですね。

  1. ふるさと納税をはじめて行った
  2. 寄付した先が5自治体以下
  3. 会社員で年末調整がある
  4. もともと確定申告をする必要がない

上記すべてにあてはまる方が対象です。

 

ステップ4では「ワンストップ特例制度のやり方はとっても簡単」をご覧ください。

  • ワンストップ申請のやり方
  • 必要な書類
  • ワンストップ特例制度の注意点

を分かりやすくまとめました。

ふるさと納税 ワンストップ特例制度のやり方
【ふるさと納税】簡単すぎるワンストップ特例制度のやり方。必要書類や申請方法を丁寧に解説ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税を利用した人が確定申告せず寄付控除を受けられる制度。どんな人が利用できるのか、申請のやり方も画像付きでまとめたので参考にして下さい。...

ふるさと納税をお得にする方法

ふるさと納税の仕組みがわかれば、お得に寄付する方法も知っておきましょう。

負担金を減らすお得ワザ

さきほどの「ステップ3」で書いたように、楽天市場での寄付がカンタンでお得です。

ここでは楽天のお買い物(寄付)に関する記事を紹介します。

楽天カードで支払う・寄付する

楽天市場での支払いは「楽天カード」をつかうと、ポイント還元率があがります。

わたしはサブカードとして使っていますが、昨年は13万ポイントもたまりました。

どれだけお得かは「楽天カードの還元率をあげる方法とデメリット対策」をご覧ください。

楽天カード 還元率 デメリット
楽天カードの還元率をあげる方法とデメリット対策|驚くほどポイントが貯まる1枚!楽天カードは本当にお得?どれだけポイントが貯まるのか気になる方へ。 通算40万以上の楽天ポイントを獲得している主婦が、還元率のあげ方・カードのデメリット対策をお伝えします。 ...
買い回りイベントを利用する

せっかく寄付するなら、購入店舗数で倍率があがる

  • 楽天スーパーセール
  • お買い物マラソン

などの期間にしましょう(*^^*)

イベントの仕組みを「完全攻略するための参加方法」にまとめています。

楽天スーパーセール お買い物マラソン
【完全攻略】楽天スーパーセール・お買い物マラソン(買いまわり)の参加方法楽天市場をもっともお得に活用する方法「買いまわり」の攻略方法と注意点をまとめました。 スーパーセールやお買い物マラソン、ポイントバック祭など楽天ポイントをざくざく貯めるコツを分かりやすく解説!...
楽天SPUでさらに倍率アップ

基本のポイント倍率は、ちょっとした条件をクリアするだけで還元率があがります。

そのために楽天SPUの攻略をしましょう!

SPUの各条件を楽天ポイント倍率アップの方法」で解説しています。

楽天SPU 楽天ポイント倍率アップ
最新版【2019年9月版】楽天SPUは難しくない!楽天ポイント倍率アップの方法を解説楽天ポイントを効率よく貯められる楽天SPU(スーパーポイントプログラム)利用していますか?SPUの仕組みと条件を達成するための注意点をまとめています。...

楽天ポイントの活用術

ポイントをたくさんもらったら、上手く使わなくては意味がありません。

むだなく、不必要な買い物をしないためのポイント活用術はこちらの記事を参考にしてください。

楽天ポイントの種類と使いかた

楽天ポイントには『通常ポイント』と『期間限定ポイント』の2種類あります。

そのちがいと、お得に利用できる使いかたを「楽天ポイントの種類と使い道」で解説しています。

楽天ポイント 使い方
楽天スーパーポイント(通常・期間限定)のちがいと使い方を解説!これを読めばもう失効しない! 意外と知らない人が多い、楽天スーパーポイントの使い方。たくさんの使い道があって、家計の支出を抑えてくれますよ。 ちょっとややこしい「通常ポイント・期間限定ポイント」の違いも分かりやすくまとめました。...
2018年9月からの新サービス

2018年9月12日から、楽天ポイントを楽天カード請求額にあてることができるようになりました。

新サービス「ポイントで支払いサービスの詳細と注意点」をチェックしてください。

楽天 ポイントで支払いサービス
楽天ポイントで支払いは月々のカード請求額にポイントが使えるのに還元率そのまま維持 たくさんポイントが貯まる【楽天カード】を持っている方は、楽天市場や楽天サービスと併用されていることが多いですよね。 ...

楽天サービスでのポイント還元率No’1!
\ 楽天カードは無料でもてる /

ふるさと納税ポータルサイト

ふるさと納税ができるサイトは、いくつかあります。

そのなかでも特徴的な2サイトをご紹介しますね(*^^*)

さとふる

CMでも有名な『さとふる』は4年連続、認知度・利用意向No.1。

  1. マイページで配送時期と配送状況がわかる
  2. さとふるが配送管理しているため到着が早い(最短1週間)
  3. 返礼品レビューが豊富で口コミを知ることができる

専用サイトなので、探しやすさ・使い勝手・見やすさはダントツで良いです。

「さとふる」でふるさと納税!

 ふるさとチョイス

『ふるさとチョイス』もCMでよく見ますよね。

返礼品も1番豊富なので慣れている方が利用している印象がつよいです。

エポスゴールドカードをお持ちの方は、ほかのふるさと納税サイトよりお得に寄付することができますよ。

手順は「エポスカードでふるさと納税をお得にする方法」にまとめているので、参考になれば嬉しいです。

また、ふるさとチョイスは災害地域へ返礼品のない寄付も受け付けています。

詳細は「ネットでできる募金方法」を参考にしてください。

ポイント募金 検索は応援になる
【2019年版まとめ】検索は応援になる。ポイント利用も可能!ネットでできる募金方法。3.11「検索は応援になる」を始め、ポイントを使ってネットでできる募金方法をまとめました。LINEなどよく使われているポイント・サービスが利用できます。...

【注意喚起】ふるさと納税に割引はない

Yahoo!ニュースにも載っていたのですが「納税サイトを装った詐欺サイト」があるようです。

寄付したのに返礼品が届かない

と、トラブルに巻き込まれている方もいるそう・・・。

大手の納税サイトを使うことはもちろん、以下に注意をしてほしいです。

確認したいポイント

ふるさと納税詐欺サイトの特徴

  1. 運営会社情報がない(電話番号・住所など)
  2. 返礼品が「値引き」されている
  3. 支払方法が振込のみなど、納税者の選択肢がない

ふるさと納税の寄付は「税金」です。

その返礼品に「割引」はありません。

また、決済方法が限られているのも納税者に選択権がなく怪しいです。

必ず運営会社情報は確認するようにしてくださいね。

ふるさと納税は大手サイトを利用しよう

当記事で紹介している

  • 楽天市場
  • さとふる
  • ふるさとチョイス

これらは運営者・会社情報もきちんと記載している、安心して利用できるサイトですよ。

 

こはる
こはる
ふるさと納税の特徴をよく理解して、お得な制度を活用しましょう

\ 返礼品の充実さは「さとふる」 /
ウェブでふるさと納税(受付中)